「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

花便り

d0160878_2122847.jpg
 じっとしていても、ジワーと汗がでてくる蒸し暑い日々が続き、梅雨明けが待ち遠しく思われます。せめて、見た目だけでも涼しさをと、花壇の矢筈すすきをガラスの花瓶に挿してみました。
d0160878_2194335.jpg
 そして、また恥を承知でつたない歌を
     涼しげに ガラス花瓶に 風にゆれ
              矢筈すすきと 檜扇水仙


 のこぎりそうも咲いてきましたので活けてみました
d0160878_10371268.jpg

 (川井 明子)
[PR]
Commented by 紙谷信子 at 2011-07-06 22:18 x
のこぎり草の咲くころですね。最近田舎に行ってないんですが、きっとたくさん咲いていると思います。後の二枚のお写真はお花の影も楽しませていただきました。短歌の楽しみも増えて良かったですね。磨きをかけてください。楽しみにしています。
Commented by 川井 明子 at 2011-07-07 14:23 x
紙谷さん、コメントありがとうございます。
写真の影にお目を止めていただくとは-----
短歌は一からで、なにもわからず手探り状態です。ただ思いのままに約束通り単語をならべてるだけで、お勉強されている紙谷さんからみれば、きっと呆れかえる歌でしょう。先生の添削後には、どんなに様変わりするかが楽しみです。
Commented by 田井恭子 at 2011-07-07 14:55 x
華道のお心得のある方が羨ましい、お手元のお花をステキに生けられ短歌も添えられるなんて
Commented by 川井 明子 at 2011-07-07 20:19 x
お恥ずかしい!華道の心得なんて無いに等しいです。娘時代にお遊び程度にしか習っていません。もう、すっかり忘れてしまっています。今は、川井流で気ままに放りこんで楽しんでいます。短歌も花同様気ままにです。
岩崎先生のお奨めに気前よく恥を承知で乗らしてもらっています。
by srwpc | 2011-07-04 21:21 | 川井 明子 | Comments(4)