「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

子どもたちに短歌・俳句の楽しさを伝えるための・・・

 7月31日 和歌山市あいあいセンターで、私達の「短歌と古典を楽しむサークル」をご指導して下さっています、「短歌文学の会」代表の永廣禎夫先生が主催された、『子どもたちに短歌・俳句の楽しさを伝えるための講義・シンポジウム』に出席しました。
d0160878_1581467.jpg
 講義1.では『学校教育に短歌や俳句がどのように教えられているか ~ある小学校での俳句作りの取り組み~』と題して、海南市立中野上小学校長藤田直子先生の講演。

 講義2.では、『短歌を楽しむ』と題して、元奈良産業大学教授永廣禎夫先生が講演。
d0160878_1584549.jpg
 シンポジウムは、講演された二人の先生に、和歌山東高等学校教諭石田晋司先生が加わりコーディネーターを和歌山県教育庁学校教育長岸田昌幸氏が務められました。

 文部科学省の指導にも小学校低学年から短歌・俳句の指導と教科書への掲載が有り、これを熱心に指導されている先生方も多く居られることを知りました。私の孫達の学校では、どのように教育されているのか不安に思いつつ聞いていました。

 参加者は60名の盛会で、森勝代さんも参加されていました。これから、自分史の1ページを記録できる様に学びたいと思っています。

(神谷 尚孝)

[PR]
Commented by 川井 明子 at 2011-08-04 10:13 x
残念ながら参加できませんでした。学校教育で小学校の頃から学んでいたら、私ももう少しは上手に短歌を詠むことができたかも-----
神谷さん同様、先生のご指導のもと勉強していきたいと思っています。
by srwpc | 2011-08-01 15:06 | 神谷 尚孝 | Comments(1)