「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

黄龍紀行1

d0160878_2085481.jpg
 8月29日から9月3日にかけて水泳仲間3人と「九寨溝・黄龍と楽山大仏・成都」のツアーに参加。39名の大所帯のツアーでした。もちろん出発時から添乗員付き、現地添乗員付きの楽々ツアーです。
 一日目と6日目は移動だけ。往路は関空から大連経由成都へ。復路は成都発大連経由関空へ。
 二日目は成都市内観光。パンダ繁育研究基地、武候祠を見学後飛行機で九寨溝に。この空港は標高3500mの所にあると聞きびっくり!!
 三日目は世界遺産「九寨溝」をバスで移動しながらの観光スポット巡り。
 四日目は私が一番待ち望んでいた日です。九寨溝からバスで世界遺産黄龍へ。黄龍ハイキングは標高3650mまで登るため高山病予防として酸素ボンベが一本ずつ配られました。再び飛行機にて成都へ。
 五日目は世界最大の石刻座仏、世界遺産「楽山大仏」を遊覧船から全体像を眺め、上陸して観光。
 盛り沢山の欲張りツアーで少しグロッキーになりましたが、全行程晴天に恵まれ、とてもラッキーでした。
 この旅行中私が一番楽しみにしていた黄龍の景色を紹介します。黄龍一番の見所、頂上のからの眺めです。以前にテレビで見て「なんて美しい所」と思ったそれ以上の眺めでした。空はあくまでも青く、棚田の水は五彩にして澄み、言葉では表現しきれない美しさでした。
d0160878_1705749.jpg
d0160878_1731871.jpg
d0160878_1741737.jpg
(川井 明子)
[PR]
Commented by 岩崎 at 2011-09-11 21:59 x
いい旅をしましたね。私も行きたかったところです。世界遺産として九寨溝や黄龍をテレビでよく見ていますが、映像より自分の目で見る風景はより迫力があると思います。
体験談を聞かせてもらうのを楽しみにしています。
Commented by 宮本雅子 at 2011-09-13 08:34 x
素敵な旅ですね。自然の造形の美しさはスケールが大きくて、
不思議なパワーを感じます。
視野が広がり、楽しい気持ちになります。
by srwpc | 2011-09-11 17:09 | 川井 明子 | Comments(2)