「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

美ヶ原高原「王ヶ頭ホテル」へ

d0160878_14474487.jpg
 桜の開花宣言が出されるよになった3月末、美ヶ原高原の「王ヶ頭ホテル」への一泊ツアーに参加。

 私を含め4人のグループで行ってきました。~星に近い雲上の世界へ~とのキャッチフレーズに360度パノラマの景色を楽しみにしていたのですが、天気に恵まれず「本当だったらここからこんな景色が見えるはず」ばかりの残念な結果になりました。

 一日目はただひたすらバスでホテルへ。ホテルは標高2,030mに建つ一軒宿。山辺ワイナリーでホテル専用バスに乗り換え、一般車乗り入れ禁止の林道を走りました。登る道中「いつもだったらここから~がみえるはず」との説明を何回か受けホテルへ。登るにつれ両サイドの雪が多くなり、ホテルの周りは一面の雪景色。
d0160878_16424552.jpg
山辺ワイナリー

 二日目は朝5時に起き防寒対策バッチリの身支度でデッキからの日の出鑑賞に。しかし雨模様。スタッフに「今日はダメですね」と言われ諦め部屋へ引き返し。次の「大迫力の雪上車クルーズ」に望みをかけました。
d0160878_16431652.jpg
ホテル前で

 しかしこれも視界が悪く大迫力とはいかず、記念写真と「幸せの鐘」を突くだけに終わりホテルに戻りました。
d0160878_164346100.jpg
d0160878_1644343.jpg
幸せの鐘

 ホテルを出発。次の目的地、国宝松本城へ。やっと天気が回復。青空に映えるお城を見ることができました。
d0160878_1644305.jpg

 旅行社の配慮で予定にはない街並み散策をすることができました。
d0160878_16445335.jpg
 帰路のバスの車窓から本来ホテルから見えるはずだったアルプス連峰を見ることができました。お天気には恵まれませんでしたが、楽しい二日間でした。
d0160878_16452396.jpg
(川井 明子)
[PR]
Commented by 岩崎 好宏 at 2014-04-08 18:37 x
せっかくの絶景が味わえなくて残念でしたね。旅の天候どうしようもありません、これも思い出としましょう。
by srwpc | 2014-04-08 15:12 | 川井 明子 | Comments(1)