「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

カテゴリ:柳野 安子( 7 )

栗拾い 2014.10.8

 栗畑のオーナー・柳野さんがワードですてきなチラシを作ってくださいましたので画像データとして掲載しましょう。
d0160878_18485644.jpg

[PR]
by srwpc | 2014-10-13 18:49 | 柳野 安子 | Comments(0)

南国の雪景色

 きょうの雪景色 南国和歌山 には久しぶりのことで子供も、大人も、老人(元気な)もワクワクですね。ましてカメラ愛好者さまには、絶好のチャンスでしょうよ。
d0160878_17041215.jpg
 チャチナデジカメながら、持って家の周りをうろつきましたがカメラを持った姥転倒なんてことにもなりかねないので、自重です。
d0160878_17040898.jpg
 昼過ぎには、木々の雪ほとんど消えてしまいました。同じ場所のものですが 機会を捉えてと思い撮りましたので見て貰います。
 
(柳野 安子)

[PR]
by srwpc | 2014-02-14 17:13 | 柳野 安子 | Comments(4)

栗が熟れてきました

 栗が熟れ 秋が間近になりました。
d0160878_8305380.jpg

   花の香を  疎まれつつも  咲き呉れし
          此の花ありて  毬生まれなむ


d0160878_833409.jpg

   見仰ぐれば  梢にぎっしり  青き毬
           今日も酷暑か  朝日に耀う

d0160878_8492249.jpg

   地の恵み  天の恵みを  享けて立つ
              老樹なれども  毬は輝く

d0160878_8383133.jpg

   酷暑の日  猛暑の日をも  耐えて来し      
             毬は色替え  秋は間近に

d0160878_8465859.jpg

   栗の樹の  下草払い  整えて
             友迎え待つ  吾は幸せ


(柳野 安子)

[PR]
by srwpc | 2012-09-18 08:51 | 柳野 安子 | Comments(9)

戦災死者慰霊祭

 7月9日は 和歌山市戦災記念日です。 今年も、例年通り 西汀丁の汀公園の「戦災死者供養塔」前で 仏式による追悼法要が執り行われました。
d0160878_15145487.jpg
d0160878_15144388.jpg
 昭和20年7月9日の当時の私は、番丁国民学校初等科終了、県立和歌山高等女学校1年生の女学生でした。住まいは、12番丁で、京橋の少し西、今の中橋との中間で、特に、8番丁、小人町にかけてその辺り一帯、いわゆる番丁校区は戦火の最もきつい地域で、死者・負傷者多く、一家全員亡くなるところも何軒もありました。
d0160878_15194440.jpg
d0160878_1520381.jpg
 経済センター横の 旧県庁跡の広場(番丁校区)で多くの方々が亡くなられ、 其処に供養塔が建てられ、その後毎年、慰霊祭がおこなわれています。
d0160878_15235465.jpg
 旧県庁跡や内堀川で7名のクラスメートが亡くなり、ほかに、親・兄弟を亡くされたお友達も数人居られるし、近所や親しくしていた方たちも多く亡くなられているので 慰霊祭には事情の許される時は、お互い言はず語らずに集います。ただ、年々お顔合わせる方達が少なくなり、時の推移を感じます。
d0160878_15241117.jpg
 若い世代に語り伝える、一環として、近隣の中学校や、小学校の 生徒達の代表が参列し、平和への願いを込めたメッセージや千羽鶴を 手向けてくれます。内堀川でも多くの方が亡くなりましたので、中橋の畔に地蔵尊が建てられ、 傍に縁起も書かれています。
d0160878_15213394.jpg
d0160878_15214080.jpg
(柳野 安子)

[PR]
by srwpc | 2012-07-10 15:45 | 柳野 安子 | Comments(4)

里山のいま

 秋に皆様にお出で戴いて賑わった栗山も、すっかり葉を落とし〔山眠る〕季ではありますが、櫻の花芽も大きくなり、梅も一輪二輪と 咲き初めました。(すべての画像はクリックで拡大します)
d0160878_1950245.jpg
 栗の木の周りには 藪椿・臘梅が我が物顔に枝イッパイを天に向って張り伸ばし、花をひらいています。数種の小鳥が蜜を求め、来訪あり、にぎやかです。幹の周りは水仙が囲み緑を添えています。キンカンも小粒ながら、枝もたわわに実をつけてます。
d0160878_83585.jpg
 寒い時期ではありますが、またそれなりに趣のある山でして、風のない日は、此処に出て、足腰を鍛えています・・・・?。畑仕事には程遠いものの、気分爽やかです。
d0160878_1002361.jpg
 「どれを落とそうか・・・」と思案しつつ仰ぎ見た栗の樹は葉を落として春に備え、凛として立っています。

   山の花 抱え持込み 訪い行けば
              喜び呉るる 友あり吾に 

  臘梅や 椿・水仙 抱え持ち 
             訪い行く友ある 吾は幸せ
d0160878_11333986.jpg
 梅の花もまもなく咲き揃います。少し寒いですが観梅もまた「おつ」なことです。 いらっしゃいませんか。 

      
   来訪の 友を誘い 双青の
            畑に出で行き 金柑を採る


(柳野 安子)

[PR]
by srwpc | 2012-02-01 08:41 | 柳野 安子 | Comments(3)

栗が実ってきました

 秋の味覚・栗が私の家でも実ってきました。
d0160878_17535778.jpg
 成り具合はイマイチなのですが、秋の山の空気を吸いに来ませんか。
d0160878_1755934.jpg
d0160878_17565313.jpg
(柳野 安子)

[PR]
by srwpc | 2011-09-14 17:58 | 柳野 安子 | Comments(4)
d0160878_1943019.jpg
 今、NHKでシリーズ【街道てくてく旅 熊野古道をゆく】が連日放映されていますね。先日森上亜希子さんが和歌山へ入り、山口の遍照寺を経て矢田峠を越え、伊太祈曽へ着きました。伊太祁曽神社鳥居前で地元や、遠来の人達の出迎えで落着。
d0160878_1943596.jpg
d0160878_19443062.jpg
 翌朝(5月21日)神社で宮司との対話が生中継放送されました。本番は近寄る事はおろか、ケータイやカメラでの撮影禁止・私語もダメでして、その前後の様子をカメラに収めました。
d0160878_19464276.jpg
 その後、暫らく和歌山市内で滞在し和歌浦や紀三井寺方面を観光され、5月27日再び森上さんは、伊太祁曽神社に参拝して、次の中継地、藤白神社へと出発されました。その時、私宅の前を通られましたので、ちょっと一緒に写してくれました!!。

(柳野安子)
[PR]
by srwpc | 2010-05-31 19:34 | 柳野 安子 | Comments(3)