「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

カテゴリ:川井 修・明子( 6 )

京都旅行3

d0160878_2271268.jpg
 大河内山荘から最後の目的地天龍寺へ。道中は京都の代表的な竹林で撮影スポット。
d0160878_61562.jpg
d0160878_6152937.jpg
d0160878_6182922.jpg
d0160878_22415664.jpg
d0160878_22292652.jpg
 京都市在住のメンバーの奥様が「京都検定」2級合格者で色々詳しく解説して下さり、有意義な観光旅行となりました。男性は一年後の再会を約束し、婦人同伴は二年後と決まり、お互いの健康を祈り散会となりました。

    元気でと 再会誓い 帰路につく
             楽しき余韻 続きし車中

                                      (明子)

(川井 修・明子)

[PR]
by srwpc | 2012-05-31 22:08 | 川井 修・明子 | Comments(0)

京都旅行2

d0160878_15365594.jpg
 翌日もお陰さまで晴天でした。松嵐荘を後に、徒歩にて野宮(ののみや)神社へ。源氏物語にも詠まれている由緒ある神社だそうです。十月に催される斎宮行列が看板で紹介されていました。この日でも観光客が大勢詰め掛けていたのに、当日はいかばかりかと思われました。
d0160878_15423885.jpg
d0160878_154918100.jpg
 神社の鳥居は日本一の黒木鳥居だそうです。
d0160878_1643664.jpg
d0160878_1645662.jpg
 苔も見事でした。 
d0160878_1691529.jpg
 渡月橋を眺めながらの昼食後大河内山荘へ。
d0160878_21501764.jpg
 ここで、お菓子とお薄一服をいただき、休憩。
d0160878_21563820.jpg

    緑濃き 木立の下で 休息し
             一服のお茶に 心安らぐ

                                        (修)

(川井 修・明子)
 
[PR]
by srwpc | 2012-05-31 15:55 | 川井 修・明子 | Comments(1)

京都旅行

d0160878_19472557.jpg
 17日から一泊で京都へ行ってきました。以前の勤務先の和歌山営業所勤務経験者ばかりの年一回の恒例行事です。今回7回目にして初めて婦人同伴OKと言うことで、二人で参加しました。西は山口県の萩、東は埼玉県からの参加。総勢15名。うち婦人同伴5組のメンバーの楽しい旅行でした。

 京都駅に集合し、先ず清水寺へ。この時季は修学旅行生で溢れていました。
d0160878_209658.jpg
d0160878_20105834.jpg
d0160878_20142781.jpg

    清水へ 修学旅行の 生徒らを
           かつての吾に 重なりて見る

                                       (明子)

 先斗町の料亭にて川床での昼食をいただきました。お天気に恵まれたのがなによりでした。
d0160878_20291588.jpg
 その後、新撰組ゆかりの地を巡りました。
d0160878_20341223.jpg
d0160878_20342551.jpg
 一日目の行程終了後、宿泊先のパナソニックリゾート松嵐荘にて宿泊。宴会で思い出話が尽きず、二次会に突入。大いに盛り上がりました。

    各地から 松嵐荘に 集いする
         かつての仲間と 旧交あらたに

                                        (修)

    思い出が 溢れて尽きぬ 宴会で
            企業戦士に 夫は戻れる

                                      (明子)
(川井 修・明子)

[PR]
by srwpc | 2012-05-28 20:09 | 川井 修・明子 | Comments(1)

大台ケ原ハイキング

d0160878_1536017.jpg
 去る5月25日に私のスイミングの仲間と、世界遺産でもあり日本百名山にも選ばれている大台ケ原に行ってきました。旅行会社のツアーでの日帰りハイキングでしたので、現地滞在4時間と限られていましたが、仲間とワイワイ言いながらの楽しい1日でした。
 私達夫婦のほかに夫婦連れ3組、それに女性4名の、総勢12名の一個連帯で参加。今年は梅雨入りが早く、まして大台ケ原は日本一雨の多い所で有名なので、お天気が心配でしたが、見事なお天気。当日までは雨、翌日からも雨で、ほんとにとてもラッキーでした。
d0160878_15534488.jpg
山頂で
d0160878_16291232.jpg
d0160878_16293679.jpg
メンバー全員集合

 ここは鳥獣保護区に指定されているため鹿が増え、鹿にかじられた木が立ち枯れとなっています。
d0160878_16384791.jpg
 石楠花が見られました。例年だとこの時期はもう花は終っているそうですが、今年は春の冷え込みのせいで開花がおくれたそうです。これもラッキーでした。
d0160878_1644484.jpg
 すこし余談ですが、道中に大蛇嵓と言う断崖絶壁があり、鎖で囲われてはいますが、一歩間違えば滑落死間違いなしの所があります。高所恐怖症の男性を置き去りに、女性陣が先端に行き記念撮影。
d0160878_16533514.jpg
 何はともあれ、全員無事にバスに戻って帰路に。良い汗をかき、新緑の森林浴を満喫でき大満足でした。仲間に感謝です。

(川井 修・明子)
[PR]
by srwpc | 2011-06-07 16:13 | 川井 修・明子 | Comments(2)
d0160878_1613485.jpg
 お腹も落ち着き再出発。次の目的地「長保寺」へはシャトルバスで移動です。ここがラクラクコースと、はりきりコースの違い!
d0160878_16193797.jpg
 長保寺は本堂、多宝塔、大門が国宝になっている由緒あるお寺です。私達は最近来たばかりなので、ここの見学はパスし、ゴールへと向かいました。途中無料のみかん狩りを体験させてくれました。咽喉の渇きが潤され、これまた、おいしかったこと。
d0160878_16332229.jpg
 いよいよゴールです。 海南市民交流センターにつきました。参加賞のお茶のペットボトルに加え、商品券の当たるくじ引きまでありました。残念ながら、 二人ともハズレ。そして、最後の「お接待」。具だくさんの鱧汁をご馳走になりました。 最高においしかった!!
d0160878_1643258.jpg
 朝から歩いて来たのに、満腹になっていました。帰りはJRで下津駅から海南駅へ。三時過ぎには家に帰れました。行き先々での「お接待」に心温まる一日 でした。毎年催されますので皆さんも一度参加されませんか。 私達は今回で五回目ぐらいですが、次回も参加するつもりです。最後に道中のかわいらしい花を ご紹介します。
d0160878_16545168.jpg
d0160878_16551394.jpg
(川井 修・明子)
[PR]
by srwpc | 2010-11-05 17:14 | 川井 修・明子 | Comments(1)
d0160878_15453262.jpg
 去る10月17日に海南まるごと体験ツアー 第15回熊野古道「わくわくハイク」があり夫婦で参加しました。事前に1000名の募集があったので、集合場所の
JR海南駅前広場は大変賑やかでした。私達のように夫婦で、また家族で、仲間同士でと、小さい子供さんからお年寄まで幅広い年齢層の参加者でした。

 海南市立女子高は学校行事で生徒全員が参加で、華やいだ雰囲気でした。
8時から9時30分までの間に受付を済ませ、思い思いに出発です。希望者は
黒竹の杖が無料でもらえます。16Kmのはりきりコースと11Kmらくらくコースがあり、私達はらくらくコースを歩きました。
d0160878_16134124.jpg
d0160878_16144248.jpg
d0160878_16145360.jpg
 道々には目印のお盆や提灯が掲げられ古道の雰囲気を演出。
d0160878_1752278.jpg
 最初は藤白神社に参拝。ここでは平安装束の女性と山伏との記念写真を撮らしてもらいました。この日は薄曇で歩くには最適のお天気でしたが、もう既に暑くなって半袖になっています。
d0160878_1711456.jpg
 ここからは山道です。道中の石碑や景色です。
d0160878_16352637.jpg
d0160878_1625772.jpg
d0160878_16251752.jpg
 頂上を過ぎ地蔵峰寺に到着。ここで最初の「お接待」。 手作りマドレーヌと柏餅にお茶をいただきました。これがおいしかったこと。ここの本堂と石造地蔵菩薩坐像は重要文化財です。
d0160878_1632351.jpg
d0160878_1632399.jpg
 一息入れ出発。福勝寺に到着。ここには「裏見の滝」と呼ばれる滝があり、滝の水を後ろから見ることができます。
d0160878_16431832.jpg
 次は善福院です。ここは釈迦堂が国宝です。ここで二番めの「お接待」。つきたてのよもぎ餅をいただきました。地元の方々による豚汁やコーヒー、ケーキ、おにぎり、水飴等出店があり、お弁当を開く人が大勢ありました。8時過ぎに家を出てほぼ4時間、12時なっていましたので私達もお昼の休憩にしました。
d0160878_23193522.jpg
d0160878_16525576.jpg
d0160878_16531013.jpg
 一応ここまでの報告にさせてもらい、続きは近々させてもらいます。


(川井 修・明子)
[PR]
by srwpc | 2010-11-04 17:12 | 川井 修・明子 | Comments(2)