「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

カテゴリ:田井 恭子( 13 )

北海道の旅

 憧れていたトワイライトエクスプレスに札幌まで乗車、大雪山麓を旅してきました。滞在中は天気に恵まれず、雄大な風景はみられませんでしたが・・・。

 旭山動物園のペンギン
d0160878_14344272.jpg
 旭岳の残雪に上を歩く
d0160878_1440571.jpg
 水芭蕉とエドリュウキンカ
d0160878_14455149.jpg
 然別湖でカヌーで遊ぶ
d0160878_14473356.jpg
 美瑛のお花畑 今年は春が遅くラベンダーもまだ咲いていませんでした。
d0160878_14495732.jpg

[PR]
by srwpc | 2013-06-24 14:52 | 田井 恭子 | Comments(3)

雪の北アルプス

 雪の北アルプスを見たくなり、松本市、大糸線に乗車してきました。
d0160878_225278.jpg
 松本城と常念岳
d0160878_22544423.jpg
d0160878_2257610.jpg
 大糸線沿線と青木湖

(田井 恭子)

[PR]
by srwpc | 2013-03-18 23:08 | 田井 恭子 | Comments(4)

北信州の旅

 信州美術館巡りとセットで北信州の観光地も訪れました。諏訪大社と善光寺で初もうで。お天気に恵まれ、雪を頂い南北アルプスの絶景を堪能しました。
d0160878_16203441.jpg
d0160878_1621528.jpg
 諏訪大社と御柱        
d0160878_16222448.jpg
 善光寺
d0160878_1624918.jpg
 飯山市でこの後1mの積雪になったようです。
d0160878_16285223.jpg
 八ケ岳

 槍ヶ岳、富士山も写したのですが、カメラのせいか私の腕のせいかうまく撮れていません。

(田井 恭子)

[PR]
by srwpc | 2013-01-06 16:37 | 田井 恭子 | Comments(0)

信州美術館めぐり

 一人ボッチのお正月でしたので、2日から北信州の美術館巡りのツァーに参加しました。
d0160878_1534571.jpg
 原田泰治美術館
d0160878_15374228.jpg
 長野県信濃美術館 東山魁夷館
d0160878_15412635.jpg
 高橋まゆみ人形館
d0160878_15431058.jpg
 戦没画学生の美術館 無言館 これは隣にある別館です
 (本館の撮影に失敗)
d0160878_16445428.jpg
 山下清放浪美術館と平山郁夫シルクロード美術館
d0160878_1549539.jpg

   遠き日に 家族で遊んだ 信濃路を
             美術館巡りて 独り旅する

  戦死せし 学生の絵集めし 無言館
          この絵にこめて 何を告げしか

 (田井 恭子)

[PR]
by srwpc | 2013-01-06 15:58 | 田井 恭子 | Comments(5)
 インド北部の世界文化遺産を訪ねるツアーです。
  クトゥミナール (インドで一番高い塔 72m)
d0160878_1440054.jpg
  タージ・マハール   正門
d0160878_2058395.jpg
d0160878_14445287.jpg
 1632年から22年の歳月と2万人の人手で亡くなった妻・王妃のために建造した廟で、白大理石に側壁は色大理石、金銀、の象眼細工の草花模様で彩られた華麗な建物です。
  フマユーン廟
d0160878_1515649.jpg
  ジャンタル・マルタン (天文台)
d0160878_1571212.jpg
 いろいろなオブジェが置かれているモダンアートの庭を思わせるが18世紀初めに造られた天文台。現在でも使われているとか。

(田井 恭子)

[PR]
by srwpc | 2012-10-06 15:18 | 田井 恭子 | Comments(0)
 今回の旅で6か所の都市?に行きました。移動は飛行機、鉄道、バスは道路の状態が良くないので250km走るのに5時間~6時間かかります。高速道路は無かった、有料道路はありましたがそこでも人や動物が所構わず横断しており、バスの乗りごこちも良くありません。
d0160878_20215540.jpg
d0160878_2022551.jpg
 どの街も商店街は同じ様です。
d0160878_20251865.jpg
d0160878_202643.jpg
 デリー 官庁街の交差点クリーンの三輪はタクシー、バイクも多く、サリーをひるがえし横座りした女性を後ろに乗せているや家族らしい親子四人乗りも見かけました。
d0160878_20401432.jpg
(田井 恭子)

[PR]
by srwpc | 2012-10-03 20:46 | 田井 恭子 | Comments(0)
 ベナレスはヒンドゥー教の聖地 ガンジスの聖なる水で沐浴すればすべての罪が浄められると信じられている。 ホテルを早朝4時30分に出発 バスを降り200mほどの道は夏祭りの夜店の中を歩いているのと同じで、逸れないように必死でついて行く。インドも今年は30年ぶりの多雨量で河も増水 ボートでのクルーズは出来ませんでした。
d0160878_9194667.jpg
d0160878_921527.jpg
d0160878_9222412.jpg
d0160878_9235544.jpg
d0160878_9253229.jpg 夜の明けるの待ち河岸に設置されたガート(階段)にきて沐浴している、聖地にたどり着いた巡礼者たち、一般人は売りに来たアルミの皿に載った花と蝋燭を買い火をともし、お祈りをして河に浮かべる。

d0160878_926358.jpg





(田井 恭子)

[PR]
by srwpc | 2012-09-30 09:51 | 田井 恭子 | Comments(2)
 東インドからニューデリーまでガンジス河沿いに46時間走る寝台列車にベナレスからアグワまで昼間8時間乗車しました。車内は日本のブルートレインと同じコンパーメントに2段ベットで4人ですが通路を挟んで窓沿いに2段ベットの2人部屋があり、私はその部屋を独り占めできましたので、寝転んで車窓の風景を楽しみました。
d0160878_15123111.jpg
 土地に起伏がなく「山などは見えない」水田、雑木林、放牧地「動物は見えませんでした」水牛が遊んでいる河、たまに集落乗車中はこの繰り返し たまに物売りの声だけ、3駅ほど停車し、停車するとホームの洗面所に駆け寄り着替えをし洗濯する人もいました。
d0160878_15174263.jpg
 駅ではポーターが荷物を車内の各自のベッド下の収納場所まで運んでくれる。
d0160878_15563183.jpg
d0160878_10325151.jpg
 駅のコンコースと跨線橋、途中の停車駅

(田井 恭子)

[PR]
by srwpc | 2012-09-27 16:11 | 田井 恭子 | Comments(2)

長門・下関へ

 長門・下関へ一人旅をしてきました。

 壇ノ浦 平家一族が祭られている赤間神社
d0160878_15211094.jpg
 関門トンネル「歩行者用」ウォーキング、ジョギングをしている
d0160878_19494783.jpg
 門司港駅の切符売場
d0160878_1528538.jpg
 下関駅前の夜景
d0160878_22592693.jpg
 長門仙崎金子みすず記念館の井戸
d0160878_2312186.jpg
 (田井 恭子)

[PR]
by srwpc | 2012-08-06 14:58 | 田井 恭子 | Comments(3)

生石山の花

 友人が生石山の花の写真を送ってくれました。
d0160878_15263047.jpg
 この季節、晴れた日に登山もいいナ。

  (田井 恭子)

[PR]
by srwpc | 2012-06-28 15:39 | 田井 恭子 | Comments(1)