「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

滋賀で新年を迎えます

 今年のお正月は滋賀県の息子家族の家で一緒に迎えることになり29日から滋賀県に来ています。29日は3時頃到着したのですが、早速長男の嫁と孫達で手作りしてくれたシフォンケーキとパンで迎えてくれました。シフォンケーキは生クリームとイチゴを添えて頂きました。
d0160878_17303721.jpg
d0160878_1731374.jpg
d0160878_17315884.jpg
d0160878_17321574.jpg
 パンはチーズ・ウインナー・甘納豆の3種類でおいしかったです。シフォンケーキは中の方もきめ細かくきれいに焼けていましたので切り口も写真に撮りました。その他に餅つき風景やティータイムの写真もおくります。今日は滋賀は大雪になったので雪景色も送っておきます。
d0160878_17362928.jpg
d0160878_1734946.jpg
 寒い時期ですが手作りしてくれたケーキとパンを食べて心も体も温かくなりました。皆さん、良いお年をお迎えください。

(鈴木 猛・美代子)

[PR]
by srwpc | 2010-12-31 17:44 | 鈴木 猛・美代子 | Comments(3)
 25日の夜、私たちは神谷家のクリスマスイルミネーションを見学に行きました。垣根と大きなもーちの樹に張り巡らしたイルミネーションが刻々と色が変化して鮮やかな風景です。その後、名画に囲まれた素晴らしいリビングで、鈴木美代子さんの手作りクリスマスケーキをいただきました。それに宮本孝子さんのバイオリン伴奏で、「新老人の歌」やクリスマスソングを歌ったりして盛り上がり、時間のたつのも忘れるほどでした。
d0160878_13314462.jpg
 このような素敵なクリスマスパーティに招待してくださった神谷さんご夫妻に感謝申し上げます。ありがとうございました。
d0160878_13334323.jpg
(岩崎)

[PR]
by srwpc | 2010-12-27 13:40 | 岩崎 好宏 | Comments(3)

イルミネーションの続き

 昨夜、我が家のクリスマス イルミネーションの写真を見ていただきましたが、それ等の基になっています、「もーちの樹」と「フェンス」の昼間の写真を見て下さい。
d0160878_10153628.jpg
d0160878_1016448.jpg
(神谷尚孝)

[PR]
by srwpc | 2010-12-19 23:11 | 神谷 尚孝 | Comments(1)
 十数年前より、我が家の庭にクリスマスイルミネーションの飾り付けをしています。中心は、樹齢百年余の「赤もーちの樹」です。4mの干し物竿の先端にY型の金具を取り付け、背伸びしながら樹の枝にコードを掛けて行きます。
d0160878_22424447.jpg
d0160878_22431540.jpg
 庭のフェンスは、写真フイルムのケースを利用して、それにコードを結んでいますので、フェンスの先頭に被せて行くだけですので、毎年同じデザインで簡単に取り付けられます。
d0160878_2245630.jpg
d0160878_22451896.jpg
d0160878_22453592.jpg
(神谷 尚孝)

[PR]
by srwpc | 2010-12-18 22:47 | 神谷 尚孝 | Comments(5)

かわらなでしこ

d0160878_1035590.jpg
植木鉢でかわらなでしこが、なぜか咲いています。一輪一輪と。まだまだ蕾がたくさんふくらんでいます。この時期なのに、なんか勘違いしているのかしら?   このまま勘違いを続けて、蕾が花を開かせてくれることを祈っています。
d0160878_10171251.jpg
d0160878_10545943.jpg
ジュランタの実と
  (川井 明子)
[PR]
by srwpc | 2010-12-10 10:27 | 川井 明子 | Comments(4)

山茶花

d0160878_924983.jpg
山茶花が咲いています。裏の庭で白、表でピンク。白は八重、ピンクは一重。庭に彩を添えてくれています。
d0160878_9243576.jpg
d0160878_925677.jpg
d0160878_9253687.jpg
活けるのには開きすぎてしまった花は、短く切って水に浮かべれば楽しめます。
d0160878_9283439.jpg
  (川井 明子)
[PR]
by srwpc | 2010-12-09 21:45 | 川井 明子 | Comments(3)

冬本番

d0160878_22361563.jpg
冬本番




田舎の裏山の八朔が色づいてきました。八朔は本来年内に収穫し、翌年3月ごろまで寝かせておいてから食するのが美味しいといわれてきました。しかし、最近は木に長くおいて「木なり八朔」としたほうが喜ばれています。早く取ってやったほうが木のためにはいいと思います。先日ちょっと味見をしましたが、今年の夏が猛暑だったからでしょうか、今でも食べられるくらいでした。楽しみです。みなさんも是非味わってみてください。

(紙谷信子)
[PR]
by srwpc | 2010-12-07 22:47 | 紙谷 信子 | Comments(3)