「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ひき茶(抹茶)水羊羹

d0160878_1343422.jpg
<材料>
   寒  天……棒寒天  1/2本(粉寒天…4g)
      水……カップ2弱(抹茶を溶くお湯の分控えて下さい。)
     砂糖……50g
   白あん……400g
    抹茶……大さじ1
      湯……20cc
    砂糖……5g
<作り方>
 ① 寒天はきれいに洗って30分程水につけもどす.(できたら2日ほど前に
   水につけて冷蔵庫に入れておく)
 ② 鍋に分量の水、もどした寒天のほぐしたものを加えて火にかけ、寒天
   を完全に煮溶かした後、砂糖、しろあんを加えアクを取りながら煮詰
   める。
 ③ ②に溶いた抹茶を加え、裏ごしを通し粗熱を取った後、流し箱に移して
   冷やし固める。

「羊羹」について。一口メモ
  和菓子の棹物(さおもの)菓子の一種で,あんに砂糖を加えて蒸すか、
  寒天を加えて練り固めて作る。蒸し羊羹,ねり羊羹、水羊羹の三種が
  ある。

(宮本 雅子)

[PR]
by srwpc | 2011-02-26 13:44 | 宮本 雅子 | Comments(0)

長芋の寒天寄せ

d0160878_20535910.jpg
<材料>
    長 芋    …    200gぐらい
    寒 天    (棒寒天二分の一、又は粉寒天4g)
    菜の花、  生姜、  海苔、
    二杯酢   (出汁100cc、薄口しょうゆ15cc、酢20~30cc)
    塩     …     少々
<作り方>
 1.出汁のなかへ下味で少し塩を入れる。
 2.長芋を皮をむいてからしばく酢水に漬ける。それから後で寒天を、
   煮溶かした後、ベンリーナ(下の写真)で出汁の中へ突く。
 3.出汁は400~500ccで寒天を煮溶かす。その中へ突いた長芋、
   もみ海苔を流し箱に入れる。
 4.粗熱が取れたら、冷蔵庫でよく冷やす。長いも寒天を適当な大きさ
   に切り、二杯酢でいただく。
 5.菜の花は、さっと、熱湯でゆがいて、冷水で色止めをする。
   よく水気をふいて、とめに使う。
 6.針生姜を添える。
d0160878_1462475.jpg
(宮本 雅子)

[PR]
by srwpc | 2011-02-19 19:36 | 宮本 雅子 | Comments(6)

七草お餅つきに参加

 2月12日(土) 根来山「げんきの森」で雪だるまに見守られながら「七草お餅つき」(旧暦)に参加しました。
d0160878_23183334.jpg
 杵と臼でのお餅つきは初めてという子供たちにはおじいちゃんたちが、昔とった杵柄、得意気に手ほどきをして微笑ましい光景でしたょ。
d0160878_23193622.jpg
d0160878_185731.jpg
 みんなで ご祝儀の美味しい「七草粥」もいただき、今年も元気に過ごせますように・・・
d0160878_23202611.jpg
(東海 薫)

[PR]
by srwpc | 2011-02-17 23:24 | 東海 薫 | Comments(4)

三種レシピ その3

 お漬物の三種盛り
    大根の漬け物、白菜の浅漬け、かぶらの甘酢漬け物
d0160878_124241100.jpg
大根の漬け物
 <材料>
    大根  4キロ
    塩    150g~180gぐらい(普通の漬け物は重量の3%の塩)
    砂糖  250g~350g(お好みにあわせて)
    酢    1合
    (最後に少し昆布茶を加えても美味しい)
 <作り方>
    適当な大きさに切り(縦に2つ割、大きい時は4つ割)塩をして、重石は、
    大根と同じくらいの重さ(4キロ)をして4日~6日くらいおく。
    水気をしっかりきり、酢、砂糖を火で少し温めて、それを冷ましてから、
    よく混ぜ合わせ漬ける。重石(2キロ)をして4~5日おく。
    密封容器に入れて冷蔵庫で保存する。

(宮本 雅子)

[PR]
by srwpc | 2011-02-02 12:47 | 宮本 雅子 | Comments(10)

三種レシピ その2

炒めなます
d0160878_8583479.jpg
<材料>
   人参(200g)       細いせん切り
   ごぼう(100g)      ささがきにして酢水にさらす 
   干し 椎茸(5~6枚)  もどしてせん切り
   れんこん(200g)    うす切りにして酢水にさらす
   糸こんにゃく(1袋)   湯がいて食べよい長さに切る
   うす揚げ(1枚)     油抜きしてせん切り
   サラダ油(またはオリーブ油)(大さじ3)
   いりごま、(大さじ3)
   きぬさや(適量)     飾りつけ

<作り方>
   1.鍋にサラダ油を熱し、まずしいたけを炒め、香りを出す
   2.続いて、人参、ごぼう、こんにゃく、うす揚げを炒める
   3.れんこんを加えて、少し炒め、調味料を加えて、汁けがなくなるまで
     炒り煮にして、仕上げにごま油を加える

<調味料>
   砂糖     大さじ 3
   塩      小さじ 1
   みりん    大さじ 1
   しょうゆ   大さじ 2
   酢      大さじ 2~3
   (好みでだしを入れて、うす味に仕上げても良い。干ししいたけをきくらげ
   にしてもよい。)

(宮本 雅子)
   
[PR]
by srwpc | 2011-02-02 09:00 | 宮本 雅子 | Comments(2)

三種レシピ紹介 その1

 初めての投稿です。

 私は食品技術管理専門士の資格を取得しており、料理をするのが大好きです。今回は冬でも美味しいこしあんの水ようかん、具だくさんの炒めなます、漬物の三種を紹介したいと思います。

 こしあんの水ようかん
d0160878_16111720.jpg
 水ようかんの作り方
     材料 こしあん  400g
         黒砂糖    40g
         塩      ほんの少々
         粉寒天   1袋(4g)
         水      400cc        
 水と粉寒天を入れ火にかけ、かき混ぜ煮溶かします。ひと煮立ちしたら黒砂糖を加えて混ぜアクをとり、、再び煮立ったら、こしあんを加えむらなく混ぜます。再び煮立ったら裏ごししてボウルに入れ、冷水にあててかき混ぜながら粗熱をとります。内側を、水でぬらした流し箱にようかん生地を入れ冷蔵庫で冷やします。次回に大根の漬け物と炒めなますのレシピを紹介させていただきます。

(宮本 雅子)

[PR]
by srwpc | 2011-02-01 16:15 | 宮本 雅子 | Comments(7)