「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

若ごぼうミモザサラダ

 「若ごぼうシリーズ」第3回はミモザサラダです。若ごぼうは春らしいし、美味しいし、今が旬なのでまた作ってみました。
d0160878_21544176.jpg
<材料>
 若ごぼう  ----   400g
 人参    ----   100g
 卵     ----    2個
 ルッコラ  ----    2束
 ごま風味ドレッシング  適量
 ねりごま   ----   小さじ2~3
 めんつゆ(隠しあじ)-- 小さじ1~2
 いりごま
 塩
 こしょう
 レモン汁

<作り方>
 ① 根は、包丁の脊で細いひげ根を取り除き斜め切りにし、15分ぐらい水に
   つけて下さい。
 ② 軸の白い部分、5~6㎝は、苦味が強いので食べられません。
 ③ 軸の部分は、3~4㎝に切り、縦に細く切り、15分ぐらい水につけます。
 ④ 人参は3~4㎝に切り、縦に細く切り熱湯に少し、塩を入れさっとゆがく。
 ⑤ 沸騰した湯に塩を入れ、①と②をきれいな色になるまでよくゆがいた後
   手早く冷ます。
 ⑥ 卵をゆがき、ステンレスざる等で軽く裏ごしする。
 ⑦ 根の部分、軸の部分、人参,ルッコラ(2~3㎝)などを(ごま風味
   ドレッシング、めんつゆ、ねりごま、いりごまをよく混ぜ合わせる。)
   調味液と材料の水気をよく切り混ぜ合わせる。
 ⑧ 塩こしょうで味を調える。
 ⑨ 最後に卵を上にちらして飾りつける。

(宮本 雅子)
[PR]
by srwpc | 2011-03-31 22:07 | 宮本 雅子 | Comments(3)
 若ごぼうは葉っぱ、茎、根、すべて食材として使えます。
d0160878_13402435.jpg
 今回は葉っぱで炒め物を作ってみました。
d0160878_13425518.jpg
<材料>
 若ごぼうの葉  一束分
 油         大さじ1
 しょうゆ      大さじ1~2
 塩         少々 
 こしょう      少々
 白ごま      適量 
 かつおぶし    適量

<作り方>
 ①沸騰した湯に塩を入れ、葉のきれいなものをさっとゆがいた後冷水に
  とり、十分水きりをする。
 ②①を細かく刻み、フライパンに油をいれてよく炒め、しょうゆ、酒、
  かつおぶしを入れ味付けをする。
 ③水気がなくなったら、最後に塩,こしょうで味をととのえ、かつおぶしと
  ごまを上にふって盛りつける。(ごまはひねりつぶすような感じで)

 (宮本 雅子)

[PR]
by srwpc | 2011-03-30 09:06 | 宮本 雅子 | Comments(0)

若ごぼうのきんぴら

d0160878_2332978.jpg
<材料>
 若ごぼう    500g
 人参      1本
 しめじ     小1パック
 ミツバ     少々(飾り用)
 みりん     大さじ2~3
 酒       大さじ3~4
 薄口しょうゆ  大さじ1~3
 しょうゆ    大さじ4~5
 砂糖      大さじ1~2(甘さはお好みで)
 塩       少々
 炒りごま    適量
 ごま油     最後に香りづけに鍋はだに回し入れる

 調味料は、さしすせその順に入れる。さ(砂糖)し(塩) す(酢)せ(しょうゆ)そ(みそ)☆しょうゆ(昔はせうゆと書いた)調味料をこの順序で入れると味がよくしみ込み風味よく仕上がるというわけです。

 ※しめじはフライパンにサラダ油を小さじ1を入れ、温まったら、しめじを
 炒め、お酒を少し振りかけ、しょうゆを少し振りかける。
 (きのこ類は、炒めると香りがよくでるので。)

<作り方>
① 若ごぼうの根はささがきにし、茎は3~4㎝に切り、別々に10分~15分、
  根の部分は、酢水にさらしてあく抜きをする。茎の部分は、水にさらす。
② フライパンに油を熱し、ささがきにした根と縦にせん切りにした茎を、
  一緒に炒める。根の部分を先に炒め、その後、茎の部分を炒める。
③ 人参も3㎝ぐらいの長さに切りたてにせん切りにして一緒に炒める。
  全体に油らがなじんだら、調味液を入れ水分がなくなるまで炒める。
④ しめじを周りにかざりつける。

(宮本 雅子)
[PR]
by srwpc | 2011-03-29 23:15 | 宮本 雅子 | Comments(0)

小倉水羊羹

d0160878_20283724.jpg
<材料>
 寒天(粉寒天)……4g
 水……2カップ
 砂糖(上白糖または黒砂糖)……40g~50g
 つぶあん……400g
 塩……ほんの少々(入れなくてもかまいません。)

<作り方>
 1.鍋に分量の水をいれて、粉寒天を入れ、かき混ぜて煮溶かします。
 2.ひと煮立ちしたら砂糖を加えて混ぜ、再び煮立ったら、つぶあんを加え、
   むらなく混ぜます。
 3.再び煮立ったら、アクを取ります。
 4.内側を水でぬらした流し箱にようかん生地を流し入れ、冷蔵庫で冷やし
   固めます。

(宮本 雅子)

[PR]
by srwpc | 2011-03-21 20:38 | 宮本 雅子 | Comments(2)

いちごのムース

d0160878_8284334.jpg
<材料>  5個分
 粉ゼラチン  大さじ1(5g)…分量の水の中にゼラチンをふり入れ、
         ふやかします。
         (水 大さじ2)
 いちご    200g (飾り用のいちごは別にとっておいて下さい。
         200gはピューレにする
         分量です。) 
 グラニュー糖 大さじ4
 レモン汁   小さじ1
 生クリーム  1カップ(又は、生クリーム1〳2カップ、牛乳100cc)
 バニラエッセンス   少々
 卵 白    2個分

<作り方>
1、分量の水の中にゼラチンを入れ、ふやかします。
2、いちごは、さっと洗って、ヘタを取り、レモン汁とグラニュ糖大さじ1を入れ、
  フードプロフェッサーで砕きます。
  (あまり、砕きすぎないように、してください。)
3、牛乳100cc、生クリーム90cc~100cc、砂糖大さじ3を沸騰直前まで
  温め、火を止めて
  ふやかしたゼラチンを加えて溶かします。その後、バニラエッセンスを少し
  加える。
4、卵白を泡立て器で、卵白が、つのが立つくらい、泡立てます。
5、(4)の中へ、(2)を少しずつ加えてボウルのなかで混ぜ合わせる。
  その後、(3)を少しずつ混ぜ合わせる。この時、泡立てないように注意して
  ください。
6、器に流しいれ、冷蔵庫で、冷やし固める。固まったら、ミントを添える。

(宮本 雅子)

[PR]
by srwpc | 2011-03-15 08:40 | 宮本 雅子 | Comments(5)

豆腐のハンバーグ

d0160878_19184216.jpg
 <材料> (4人分)
  木綿豆腐……1丁
  鶏ひき肉 ……200g
  えりんぎ………50g
  れんこん………30~50g
  ごぼう…………50g
  にら …………1/2束(約50g)
  長芋または大和芋……50gぐらい
  炒りごま(白でも黒でもよい)
  塩……………小さじ1/3
  こしょう………少々
  片栗粉(ハンバーグを焼く時にまわりにまんべんなく、つける。)
  サラダ油(オリーブ油やぶどうオイルなどでも)
《ソース》
  ぽん酢、即席ブラウンソースなどでいただく。
  柚子こしょう、辛子マヨネーズなどもあいます。
<即席ブラウンソース>
 <材料>
  赤ワイン……大さじ2~3
  トマトケチャップ……大さじ2~3
  ウスターソース……大さじ1
  固形ブイヨン1個(熱湯大さじ2で溶かす)
  バター……10g
 <作り方>
  固形ブイヨン1個を熱湯でよく溶かし、材料を中火以下で少し煮詰め、火を
  止めてから、バター10gを入れる。
 ● 豆腐の水きり
   豆腐料理の第一歩は水きり。ペーパータオルに包み、2枚の皿の間に
   はさんで、水きりをします。
   レンジでする時は、耐熱皿にわりばしを3~4本わたして、その上に、
   豆腐を置き、ラップをしてレンジにかけてください。時間は、豆腐の分量で
   加減してください。

<豆腐ハンバークの作り方>
 1.豆腐は、しっかり水きりする。
 2.ごぼうは、細めのささがきにして、少し、水にさらす。
 3.にら、えりんぎはみじん切りにする。
 4.れんこんは、下味(お好みの味)をつけて、さっと煮て、荒みじん切りに
   する。
 5.フライパンにサラダ油大さじ1~2を熱し、鶏ひき肉、ごぼうのささがき、
   えりんぎなどを塩、こしょうしながら、炒める。
 6.水きりした豆腐をボールに入れてつぶし、炒めた鶏ひき肉、ごぼう、にら、
   エリンギ、煎りごま、などを入れ、すりおろした、長芋を入れ、粘りがでる
   くらいまで、よく混ぜ合わせる。
 7.6の後、荒みじん切りにしたれんこんも混ぜ合わせる。塩、こしょうを適量
   加える。
 8.全体を8等分ぐらいに分け、油をつけた両手でキャッチボールをするように
   して、空気を抜きながらハンバーク型にまとめ、真ん中を少しへこませる。
 9.フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、8を入れて中火で焼く。焼き色が
   ついたら裏返し、両面、香ばしく焼き上げる。
10.ソースは、別の容器に入れて、添える。
11.つけ合わせを添えて、盛りつけてください。

(参考)寒い時期は、豆腐ハンバーグにきのこ類のあんかけもおすすめです。
<簡単なきのこ類のあんかけ>
 本しめじなどのきのこ類をフライパンでサラダ油を少し入れ、さっと炒める。
 出汁を適量入れて、しょうがの薄切り2~3枚入れ、(または、生姜汁)
 めんつゆ(ストレート)を一人あたり、大さじ1~1・5ぐらい入れ、塩もほんの
 少々加える。味を整えた後、水溶き片栗粉を加える。

(宮本 雅子)

[PR]
by srwpc | 2011-03-09 19:52 | 宮本 雅子 | Comments(1)

和歌浦ウォーク

和歌浦ウォーク
 
 6日(日曜日)和歌の浦観光協会主催のウォークに参加しました。100人以上の参加者でとても賑やか。2班に分かれ、語り部さんからいろいろ伺いました。何度も訪れたところではありますが、今回は詳しく知ることができました。
(といっても、聞いた後からどこかに抜けてしまうのですが・・・)

 まず片男波公園入り口に集合して登録。不老橋、玉津島神社、観海閣・妹背山多宝塔。

 今回は玉津島神社の奥にある御本殿が公開されていました。壁面には根上がり松の絵と和歌浦の景色など。
d0160878_2301041.jpg
d0160878_2304568.jpg
d0160878_2312270.jpg
 神社の横から奠供山へ。名前は聞いていましたがはじめて登りました。本当に小さな山ながら見晴らしがいい。小雨の降る中でしたが山部赤人が詠んだ景色そのままの干潟が眼下に見渡せました。
d0160878_232716.jpg
 妹背山の多宝塔には家康の側室(お万の方)が祀られている。頼宣が母を弔うために建立した多宝塔。中も見せてくださいました。(ラッキー)。
d0160878_238184.jpg
    <紙谷信子>
[PR]
by srwpc | 2011-03-07 23:38 | 紙谷 信子 | Comments(3)