「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 春らしいご飯を炊飯器で作ってみました。炊き上がったご飯に、炒めた新玉ねぎを混ぜ合わせました。
d0160878_2055937.jpg
<材料>
 お米          2合
 トマトジュース    1缶
 水           適量
 新たまねぎ      中1/2個
 サラダ油       適量(大さじ1)
 バター         適量(10gぐらい)
 塩、こしょう
 菜の花 (浅漬け)  適量
 空豆          飾り

<作り方>
 1.お米2合を洗って、ザルにあげ、水気をきっておく。
 2.炊飯器に1のお米とトマトジュース1缶と残りは水を加え、
   (計量して)スイッチを入れる。
 3.新玉ねぎをみじん切りにして、フライパンにサラダ油を入れ、
   玉ねぎが半透明になるくらい炒め、軽く塩、こしょうして火を止めて
   からバターをひとかけら入れ、混ぜあわせる。
 4.ご飯が出来たら、3の新玉ねぎを混ぜあわせる。
 5.型抜きに4を入れる。器に盛り付ける。

 ※トマトジュース(国産のカゴメトマトジュース)は1缶190gを使用しています。
  目安は1/3強はトマトジュース、残りは水を足して、お米を炊いてください。
  トマトジュースの量は多すぎてもうまく炊けないので気をつけてくださいね。

(宮本雅子)

[PR]
by srwpc | 2012-03-28 20:12 | 宮本 雅子 | Comments(1)
 さっと出来る時短料理で、身体に優しい一品です。
d0160878_20164052.jpg
<材料>
 新玉ねぎ        中1個
 花かつお(糸がつお)  適量
 [調味液] 
 酢            大さじ2
 出し汁          大さじ1
 淡口しょうゆ      小さじ2
 (またはだし醬油   小さじ2)
 みりん          小さじ2

 ※新玉ねぎの量が多い時「こんぶ茶」を少々入れると美味しいです。
 ※今回は黒酢を使って作りました。

<作り方>
 1.玉ねぎは縦半分に切り、繊維にそって、ごく薄切りにし、
   さっと水に晒す。
 2.調味料を合わせ、酢しょうゆを作る。
 3.器に水気を絞った玉ねぎを盛り、上から酢しょうゆをかけ、
   花かつおを天盛りとする。

 ※玉ねぎには血液をサラサラにする効果のある成分が含まれています。
   水に晒しすぎないようにしましょう。

(宮本雅子)

[PR]
by srwpc | 2012-03-19 20:20 | 宮本 雅子 | Comments(0)
 エッセイ集の3回目です。四百字詰め原稿用紙1枚にエッセイを書こうというレッスンで、読みやすいように文字を大きく太く表示しています。
(画像をクリックで拡大して、全面表示で読みやすくなります)

【孫の成長ぶりに感動】 鈴木 美代子
d0160878_9403912.jpg
【お手玉遊び】 森 勝代
d0160878_1991048.jpg
【まぐろ祭り】 平井 裕子
d0160878_199318.jpg
【パソコン教室】 紙谷 信子
d0160878_11485582.jpg
【挑戦】 柳野 安子
d0160878_2384591.jpg

[PR]
by srwpc | 2012-03-16 19:14 | つれもていこら | Comments(0)
 2月7日に放映された「継続は力なり!お手玉の輪」の内容がNHK和歌山放送局のホームページに掲載されています。
d0160878_654353.jpg
 下記のURLの「2月7日」で見ることができます。
  http://www.nhk.or.jp/wakayama/asunowa/wanda/

(森 勝代)

[PR]
by srwpc | 2012-03-16 06:57 | 森 勝代 | Comments(0)
 エッセイ集の2回目です。四百字詰め原稿用紙1枚にエッセイを書こうというレッスンで、読みやすいように文字を大きく太く表示しています。
(画像をクリックで拡大)

【草木染】 東海 薫
d0160878_18341781.jpg
【歴史と文化の町・海南黒江】 川井 修
d0160878_20102910.jpg
【「新老人の会」に入会して】 川井 明子
d0160878_2015958.jpg
【テニスを楽しむ】 山本 重明
d0160878_20173349.jpg

[PR]
by srwpc | 2012-03-15 18:36 | つれもていこら | Comments(0)

新聞に載りました

 先日、白浜温泉「むろべ」で腹話術サークルの研修会が開催されました。その際にパソコンサークルの皆さんもオブザーバーで参加していただき、練習の成果を発表しました。この様子を「紀伊民報」に掲載されましたのでご覧になってください。
d0160878_2142974.jpg
(鈴木 猛)

[PR]
by srwpc | 2012-03-15 07:47 | 鈴木 猛・美代子 | Comments(0)
 パソコンサークルで原稿用紙に文字を書くレッスンをしました。そこでメンバー全員で原稿用紙一枚にエッセイを書いてみようということになりました。それぞれ個性のある作品が集まり、楽しい作品集となりました。そこで数回に分けて紹介しましょう。(画像は読みやすいように文字を大きく太字にしています。画像をクリックで拡大表示します)

【わたしの秋葉山】 田井恭子
d0160878_2228193.jpg
【パソコンサークルで】 宮本雅子
d0160878_21421140.jpg
【一峰会「工房」を訪ねて】 鈴木猛
d0160878_21442430.jpg
【「野崎地区讃歌」発表を思う】 松島冨紀子
d0160878_22452329.jpg

[PR]
by srwpc | 2012-03-14 21:49 | つれもていこら | Comments(0)

まるごといちごのジャム

 いちごの季節ですね。「和歌山のさちのかいちご」で作りました。粒を残して仕上げる、目にも舌にも美味しいジャムです。仕上げの段階で短時間強火にかける、これが一番のポイントです。
d0160878_9445198.jpg
<材料>   (つくりやすい分量)
 いちご     2パック(正味600gぐらい)
 砂糖      200g(お好みで加減してください)
 水あめ    少量
 (クエン酸  少々)

<作り方>
 1.いちごは手早く洗い、水気をふく。へたを取り、ボウルに入れる。
 2.砂糖の半量を①のボウルに入れ、揺すってまぶしつける。10分程
   おいて残りの砂糖を全部まぶす。
 3.ラップをかけ、半日程おく。
 4.全体を混ぜて砂糖を溶かしきり、シロップといちごに分ける。
   シロップを大き目の鍋に移し、中火~強火にかける。湧いてきたら、
   アクを取って煮詰める。泡が大きくなり、煮詰まってきたら
   ゆっくりかき混ぜながらさらに煮詰める。
  (鍋は酸に強い、厚手のステンレス製かホウロウで)
 5.いちごを加える。煮立つまでそのまま混ぜずにおき、吹き上がって
   きたらゆっくりと混ぜ、強火のまま、さらに煮詰める。
   全体が泡立ち、いちごがシロップを含んでふくらみ、全体が粘って
   きたら火を止める。クエン酸があれば少々(小さじ1/2)加える。
   熱いうちに消毒済み(煮沸)の保存瓶に入れる。
 ※いちごを買い求める時、なるべく小粒で新鮮な完熟のものがよいと思い
  ます。熟しすぎたものはペクチンの含有量が減っているので避ける。
 ※いちごは水分が多く、そのまま煮ると煮くずれてしまうので、砂糖をまぶして
  脱水させる。砂糖を2回に分けて加え、ボウルごと揺する。そのままの状態
  で半日ほどおきます。(いちごに砂糖をまぶした写真、撮りました)
d0160878_945956.jpg
(宮本雅子)

[PR]
by srwpc | 2012-03-12 09:51 | 宮本 雅子 | Comments(2)

三宝柑

 先日、三宝柑の原産地、有田の栖原を訪ねました。三宝柑は昔、殿様に献上され、この地から持ち出すことを禁じられていたそうで、今も和歌山城に植えられています。このユニークな形と、やさしい上品なかほりに魅せられまして…
d0160878_20374234.jpg
d0160878_20503755.jpg
   冬陽さす 葉のかい巻に 守られて
           ひなまつり待つ 三宝柑たち


(東海 薫・iPhoneから投稿)

[PR]
by srwpc | 2012-03-07 14:32 | 東海 薫 | Comments(1)
 切り干し大根は切った大根を天日乾燥した、乾燥野菜の代表的なものの一つ。もどすと容量で約2倍に増えます。宮崎産の新物で作ってみました。素朴で温かみのある煮物です。
d0160878_10523632.jpg
<材料>
 切り干し大根(乾)           40g
 厚あげ                  2枚
 人参                   適量
 きぬさや                 適量
 いりごま                 少量
 ごま油                  大さじ2~大さじ3
 煮だし汁                 カップ3~4
 酒                     40cc~50cc
 みりん                  40cc~50cc
 砂糖                   大さじ2(お好みで加減して下さい)
 淡口しょうゆ              40cc~50cc
 濃口しょうゆ              40cc~50cc
 塩                    少々

<作り方>
 1.切り干し大根は、かぶるぐらいの水に20~30分漬けもどした後、
   水気をきっておく。(ふっくらとやわらかく戻ります)
 2.よく水気を絞ってから調理をします。うまみが出ている戻し汁は
   煮汁に使います
 3.厚あげは、湯通しして短冊切りにする。
 4.鍋にごま油を熱し、切り干し大根、厚あげを炒め、だし汁、調味料を加え、
   落としぶた、上ぶたをして、ゆっくり味の含むまで煮る。
   (時間をかけてゆっくり煮含めることが大事です。新物なので大根は軟ら
   かくなるのが早いので、火力に気をつけてください)
 ※煮物の他に漬けもの、和えものなどにも使用されます。

(宮本雅子)

[PR]
by srwpc | 2012-03-01 10:30 | 宮本 雅子 | Comments(0)