「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

<   2012年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

熊野古道を歩く(第6回)

 今回は東岸和田から和泉橋本迄です。

 東岸和田駅から熊野街道に出ると古い紡績工場跡があり、そこから新築の住宅街を抜けると道の池に出ます。その土手の入口に道しるべ地蔵が祀られています。碑には「すぐ かづらぎ 牛たき 大坂 左 きしはた」と記されていて、重要な街道であった事がうかがえます。
d0160878_12215383.jpg
d0160878_12214753.jpg
 道の池の堤防を通り府道大阪和泉泉南線に出て、津田川、小渕川と二つの川を渡ると右側に麻生川王子があったとされていますが、現在は三和製作所の敷地になっていて、入口に立派な末広大神が祀られています。王子社は明治42年(1909)阿里莫(ありまか)神社に合祀されています。

 この地域に住んでいた麻生川一族は土着民で、物部氏から別れたと言われていて、阿里莫神社の祭神饒速日命(にぎはやひのみこと)は物部氏の祖神とされています。麻生川氏は麻を栽培していたとみられ、一方、この周辺には後発の渡来氏である秦氏一族が住んでいて、麻生川氏の麻を織って共存共栄していたものと思われます。
d0160878_1814994.jpg
 府道から左に曲がり熊野街道に入ると堂の池の堤防に出ます。泉南地方にはこのような大きな灌漑用池がたくさん作られています。
d0160878_12253478.jpg
 堂の池からしばらく歩くと半田一里塚(府史跡)があります。高さ4m周囲30mの地に樹木が植えられていて、熊野街道の一里塚の一つで最も良く原型を保っていると言われています。
d0160878_12265258.jpg
d0160878_1227372.jpg
 そこから南へ歩いて中央小学校を過ぎて行くと、牛神さんに着きます。農業を営むこの地の人々は、七夕の頃に雨が降らないと困るので、7月7日の七夕祭りの日は、牽牛織女の天の川を見たい人とは反対に少しの雨でも降るように精進潔斎をして雨乞いのお祈りをしました。これを「七夕雨」と呼んでいました。当地では8月7日に牛を連れて参り、7月7日の水をかけると牛が丈夫になると言い伝えられ、牛神さんは水の神さんでもあります。
d0160878_12283787.jpg
 牛神さんから西方へ向かうと、柳茶屋跡近くの三叉路に可愛いハナタレ地蔵があります。道しるべと同時に子供を守るお地蔵さんとして大切に祀られています。
d0160878_12294890.jpg
 そこから宮池の横を通り近木川を渡ると積善寺城跡があります。掲示板によると「永禄元年(1558)、根来衆が岸和田の三好氏と戦った際、その砦として築かれた。その後、近木川沿いの畠中城や千石堀城などと共に、根来衆の出城として整備された。熊野街道に沿った近木川の南岸部に位置し、交通、戦略の要地であった。天正13年(1585)豊臣秀吉の根来攻めの祭には、三十間(約60m)四方の本丸に一部三重の濠をめぐらした強固な城内に、出原右京を大将として総勢9500名の根来衆が立てこもったといわれる。秀吉方の攻撃にも落城せず、最後は貝塚寺内の半斎了珍の仲介により、和談開城した」と記されています。
d0160878_1230479.jpg
 近木川に架かる福永橋を渡ると古道の面影を残す「長谷川の坂」があります。江戸末期から疳(かん)の医者として有名な長谷川屋敷があり、根来衆徒が立て籠もった積善寺城の北矢倉跡とも言われています。
d0160878_12345774.jpg
 地図「東岸和田~和泉橋本」
d0160878_12434493.jpg
 次回は和泉橋本から泉佐野迄です。

 (吉田 圭治)

[PR]
by srwpc | 2012-06-28 18:28 | 吉田 圭治 | Comments(0)

生石山の花

 友人が生石山の花の写真を送ってくれました。
d0160878_15263047.jpg
 この季節、晴れた日に登山もいいナ。

  (田井 恭子)

[PR]
by srwpc | 2012-06-28 15:39 | 田井 恭子 | Comments(1)
 わが家の庭に咲いた紫陽花(フリルホワイト)とクジャクサボテンです。紫陽花は15種類ほど咲いていて、満開です。雨上がりはとても風情があります。友達からわけていただいたもので大切に育てています。
d0160878_18413881.jpg
d0160878_1839260.jpg
 (宮本雅子)
[PR]
by srwpc | 2012-06-27 21:16 | 宮本 雅子 | Comments(1)

カイツブリの子育て

 いつも観察に行く池でカイツブリのヒナが孵りました。水草を集めたこの浮き巣では3羽が誕生しています。目下、夫婦揃って子育てに奮闘中です。
c0047906_9332829.jpg
 動画でお見せします。ヒナのしぐさが可愛いいですね。

 (岩崎 好宏)

[PR]
by srwpc | 2012-06-26 22:30 | 岩崎 好宏 | Comments(7)

「健康講演会」を開催

板倉徹先生の「健康講演会」を開催


 去る6月22日(金)野崎地区会館において、野崎地区公民館主催の「健康講演会」を開催致しました。
d0160878_933994.jpg
 講師に和歌山医科大学の学長であり、「新老人の会」和歌山支部世話人代表の板倉徹先生をお迎えしました。『認知症にならない為の生活習慣~100歳まで元気で暮らす~』の演題で、地域の多くの皆様(112名)のご参加をいただき、「ユーモアがありお話が良く解った」と大好評でした。
d0160878_942265.jpg
d0160878_943531.jpg
 板倉先生、有難うございました。最後に記念写真を撮りました。
d0160878_945797.jpg
 原 連合自治会長、園 野崎連絡所所長と主事の皆さん、ご苦労様でした。

(松島 冨紀子)
 管理人注記:松島冨紀子さんは野崎地区公民館長です。

[PR]
by srwpc | 2012-06-23 09:37 | 松島 冨紀子 | Comments(4)

抹茶クリームあんみつ

 美味しいみつ豆を食べたくなり、赤えんどう豆は缶詰をさがしましたが、無かったので乾燥豆を圧力鍋で炊き、シロップ煮にしました。
d0160878_1048182.jpg
<材料>
 粉寒天         1袋(4グラム)
 水            2.5カップ
 白玉粉         適量
 水            適量  
 みかん、黄桃、    缶詰
 シロップ(缶詰)    適量
 赤えんどう豆
 あんこ(つぶあん)
 抹茶アイスクリーム (市販されているもの)
 
<作り方>
 1.水のなかへ粉寒天を入れ、煮溶かし裏ごしして内側を水でぬらした
   流し箱に入れて冷やし固めます。
 2.白玉粉に少しずつ水を加えてこね、耳たぶくらいの軟らかさになったら、
   適当な大きさにちぎり、丸めて中央を軽くくぼませて熱湯で茹でます。
 3.熱湯の上面に浮いてきたら1~2分茹で、すくい出して水に入れ
   冷やします。
 4.冷やし固めた寒天は型からはずし、1cm角ぐらいのサイコロ状に
   切ります。
 5.器に寒天と白玉、フルーツ、赤えんどう豆、シロップ(缶詰)を入れ、
   デイッシャーで抜いた抹茶クリームをのせます。

 ※びわをいただいたので、さっとシロップ煮にして器に盛りつけてみました。
  黒みつをかけていただいてもよくあいます。
d0160878_1050575.jpg
 (宮本雅子) 

[PR]
by srwpc | 2012-06-23 09:10 | 宮本 雅子 | Comments(4)

じゃがいも掘り

貴志川線に乗って「じゃがいも掘り」


 6月10日、応募者が1000人を越えたそうですが、難関を突破してみごと抽選に当たり、「じゃがいも掘り」に参加できました。
d0160878_2124217.jpg
 お手玉の会のメンバー7名と「いちご電車」に乗って子供のように喜んで楽しんできました。大勢の方が参加して子供たちも喜んでいました。
d0160878_2163124.jpg
 ひとり当たり4株を掘ることができました。大小20数個の約2kgのじゃがいもの収穫でした。 
d0160878_21264288.jpg
 暖かくふかしたじゃがいもを用意してくださって大満足でした。
d0160878_2130549.jpg
 「貴志川の未来をつくる会」にも再度入会しました。近くの平池のほとりを散策して貴志川の自然にふれることのできた一日でした。
d0160878_21571992.jpg
 (森 勝代)

[PR]
by srwpc | 2012-06-22 21:52 | 森 勝代 | Comments(7)

日高町の滝を撮影

 初めての投稿です。
d0160878_9501492.jpg
 先日 写真グループの皆さんと撮影会に参加しました。撮影地は日高町の大滝・涼みの滝・鷲の川の滝です。
d0160878_1055982.jpg
 山々は緑に包まれ楽しい撮影となりました。涼みの滝は山を登っての事で私にとって大変でした。でもこの滝は印象的、糸のように静々と落ちていました。
d0160878_1014543.jpg
d0160878_9534788.jpg
 最後は鷲の川の滝です。
d0160878_9431970.jpg
 (松島 冨紀子)

[PR]
by srwpc | 2012-06-20 09:50 | 松島 冨紀子 | Comments(8)

我が家の菜園

 我が家の庭がいつの間にか野菜畑に変身、店に苗が出始めると旬のものを買い主人が植えてくれます(主人植える人、私管理する人)。
d0160878_10551767.jpg
 私は目が覚めると必ず庭に出て野菜との対話から一日が始まります。「早く大きくなーれ、早く実をつけて、色を付けて~」、お願いすると不思議と答えてくれますからたのしいものです。今では、キュウリ、トマト、ピーマンその他15種類ほど植えています。
d0160878_10572589.jpg
d0160878_10584628.jpg
 ミニトマトもブドウのように房で実って毎日食卓を彩ります。
d0160878_1123966.jpg
 虫たちには申し訳ないけど一匹残らず手で退治します。お蔭で無農薬で安全な野菜を有り難く日々感謝しながら頂いています。

 (鈴木 美代子)

[PR]
by srwpc | 2012-06-19 11:10 | 鈴木 猛・美代子 | Comments(8)

宮城県へ

仙台から石巻へ


 高校時代からの友を訪ねました。彼女の御主人が車で回ってくれました。想像していたものよりひどい風景が広がっていました。揺れる車の中からビデオカメラで撮影したものを写真に切り取ったのであまりはっきりしていません。
d0160878_9363241.jpg
 家の基礎のむき出しに雑草が茂っています。 撤去されずに残ったままの家屋が多くあります。いたるところに瓦礫の山がありますが、もうすでに雑草が覆っている物もたくさんあり、時の流れを感じました。何しろ海岸沿いの奥行きのある防風林がどこもかしこも透けて見えるのです。そしてあちこちに枯れ木が立ったままです。
d0160878_950215.jpg
d0160878_9503218.jpg
d0160878_9375318.jpg
d0160878_9383990.jpg
 また、陥没して水たまりとなった所もあちこちに。松島湾の島々が防波堤の役割をしたとかで、その辺りの被害の小ささが目立ちます。
d0160878_9395444.jpg
d0160878_9402291.jpg
 仮設住宅は私の行ったところ、仙台市から石巻までのいたるところに設置されていますが、業者によっても造りが異なり、いいのも悪いのも(?)あります。
d0160878_941454.jpg

d0160878_9422525.jpg
 北上川の中州は見事に寂しい景色となっています。
d0160878_9431528.jpg
 彼女の家のあった敷地に立って何とも言えない気持ちになりました。たまたま震災の日に二人で出かけていて助かったと。金曜日でなければだめだったと。

 避難所生活と仮設住宅での生活を経て、6月から仙台のマンションに引っ越しています。やっと落ち着いた生活になっていますが、部屋の中には何もないと言って笑います。朗らかなその笑い声を聞けただけで、少しは安心できました。

 神戸は10年で見事に復興しましたが、東日本の広大な被災地をみると、とても無理なような気がします。被災された方々の一日も早い生活の安定を願うばかりです。 

 (紙谷 信子)

[PR]
by srwpc | 2012-06-17 23:17 | 紙谷 信子 | Comments(9)