「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

<   2012年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

お城と汀丁交差点

 毎日暑いお天気が続いています。お城に大きい入道雲がかかり夏本番となりました。
d0160878_184569.jpg
d0160878_1844873.jpg
d0160878_186065.jpg
 汀丁交差点付近は暑さに負けず車も人も活気づいていました。
d0160878_1865984.jpg
d0160878_1345577.jpg
 (松島冨紀子)

[PR]
by srwpc | 2012-07-28 18:36 | 松島 冨紀子 | Comments(2)

お手玉和歌山大会

第2回お手玉遊び和歌山大会が無事終了
~とどけよう!お手玉のぬくもり~

 「新老人の会」の神谷事務局長が参加してくださって来賓の挨拶をしてくれました。宮本敏企さんもマジックや腹話術で盛り上げてくれ、ありがとうございました。オープニングはメンバーが和歌山バージョンで南京玉すだれをしてくれました。華やかで見ごたえがありました。栄谷保育所の子供たちと先生方も散歩の途中に寄ってくれて楽しい交流ができました。

 午後は、加太のお寺でホームステイしているアメリカの留学生(20歳の男性)が日本の文化を学びたいと来てくれました。団体戦に何回も小学生と挑戦をしてくれて笑いのかなで楽しい国際交流ができました。

 たくさんの後援とご協力のおかげで、楽しいお手玉遊びの輪が広がりました。11月11日の近畿大会に向けてメンバー一同 ~お手玉のぬくもり~ をつなげられたと実感しました。この模様は「和歌山新報」に掲載されました。
d0160878_21353036.jpg
 (森 勝代)

[PR]
by srwpc | 2012-07-27 21:32 | 森 勝代 | Comments(1)

万灯会

 7月24日(木)海南市鳥居の浄土寺にて8000個以上のLEDと4000本余のローソクで境内を彩る「万灯会」が催されました。浄土寺は地元で「日限さん」の愛称で親しまれている寺です。当日は、お茶の接待があり、境内では夜店が開かれ大勢の人々で賑わっていました。
d0160878_6183448.jpg
d0160878_6515355.jpg
d0160878_6183059.jpg
d0160878_619438.jpg
d0160878_618543.jpg
  (川井 修)

[PR]
by srwpc | 2012-07-27 06:21 | 川井 修 | Comments(0)

早朝登山

高津子山


 登山というほどのことではありませんが、久しぶりに今朝6時から友達と高津子山(151m)に登りました。頂上への途中あちこちに道路が分かれています。つまり登り道がいろいろあるということですね。もともとは章魚頭姿山(たこずしやま)という名前だったようで、和歌浦湾へとタコの足のように岬が出入りしていることから名付けられたとも言われているようです。

 昔、子供達とロープウエーで登ったことなど懐かしく思いながら・・・。
d0160878_043535.jpg
 頂上から北を望めば水軒川がまっすぐに伸び、そしてあの松林の海側はずっと水軒の浜が続き海水浴に来た思い出などに浸りました。残念なことに埋め立てられているので昔のあの美しい景色は微塵もありません。
d0160878_0444634.jpg
 ただ、養翠園が真上から眺められ面白い景観を目にすることができました。
d0160878_2312143.jpg
 西方には雑賀崎灯台が見え360度の海と山の雄大な景色が広がります。今日は朝靄が立ち込め、海と空が一体となっていました。

(紙谷 信子)

[PR]
by srwpc | 2012-07-26 23:21 | 紙谷 信子 | Comments(4)

美しい干潟風景

 梅雨も晴れ 夏本番となりました。

 先日、大好きな和歌浦に行きました。何時も満々と湛えた名草山を浮かべている和歌浦。今日は美しい干潟、海水が徐々に流れ込み色々の風景を織りなしていました。
d0160878_9232482.jpg
d0160878_9244456.jpg
d0160878_9253652.jpg
 美しい風景をこよなく愛している人達
d0160878_927519.jpg
d0160878_1082665.jpg
 万葉の時代から人々の心に自然の美しさを ・・・今も私たちに変わることなく心に沁みるこの風景・・・ 誇りに思います。

 (松島冨紀子)

[PR]
by srwpc | 2012-07-25 09:48 | 松島 冨紀子 | Comments(2)

とうもろこしのスープ

 フレッシュコーンでコーンスープを作ってみました。生のとうもろこしの実を削りとって作りますが、今回は蒸したとうもろこしの実を削りとって作りました。
d0160878_2058012.jpg
<材料>
 とうもろこし            2本
 玉ねぎ              中1/2個
 水                 2~3カップ
 牛乳                1カップぐらい
 コンソメ(顆粒)         小さじ1
 塩                 小さじ1/2ぐらい
 こしょう              少々

<作り方>
 1.とうもろこしは実を包丁で削りとる。玉ねぎは薄切りにする。
 2.鍋に玉ねぎ、とうもろこし、分量の水を入れて火にかけ、ふたをして
   煮立ったら弱火にし、コンソメ顆粒を入れ、軟らかくなるまで10分ほど
   煮る。(蒸したとうもろこしの場合は4~5分煮る)
 3.粗熱をとってミキサーに入れ、なめらかになるまで粉砕し、ボウルに
   移して、塩、こしょうで調味する。
 4.ボウルの底を氷水につけてとろりとするまで冷やし、牛乳を好みの濃度に
   なるように調節しながら加えて混ぜる。

 蒸したとうもろこしを写しました。
d0160878_2114718.jpg
 (宮本雅子)

[PR]
by srwpc | 2012-07-23 08:30 | 宮本 雅子 | Comments(1)
熊野古道を歩く(第9回)

 今回は和泉砂川から山中渓迄です。

 和泉砂川駅から熊野街道に出るとすぐ明王山往生院があります。寺院の碑によると、白鳳8年(680)天武天皇の勅命で道昭が国家鎮護の為創立しました。道昭は百済から渡来した船氏の出身で、船舶、海運、土木工事の担当部族として朝廷に仕えていました。第2次遣唐使の随員として長安に留学し、玄奘三蔵について八年間勉学し、帰朝後飛鳥元興寺の禅院で法相宗を開き元祖となりました。同時に日本全国を回り港湾を築き、川を整え、池を掘り、国土開発に尽くしました。道昭の創立したこの寺院は、五丁四方の広大な境内を持ち、飛鳥寺様式(塔を中心にして金堂を左右と後方の3か所に配置・・・日本最古の仏教建築様式)の伽藍配置で、信達を寺領としていました。
d0160878_10324567.jpg

 信達一ノ瀬王子はブロック囲いの中の馬頭観音等を祀る所にあります。王子の向かいの道路に道標があり、左方向を指差す絵と「八十八ヶ所躑躅山林昌寺」と書かれていますが、下の寺の字は埋まっていて工事をした人の感覚を疑います。
d0160878_10435320.jpg

 道標に従って熊野街道から外れてJR阪和線の踏切を渡ると林昌寺があります。林昌寺は聖武天皇の勅願で天平年間行基によって創立されました。3院6坊を擁する大寺院でしたが、信長の根来攻め時、明王山往生院と共に堂塔が焼失し、現在の諸堂宇は江戸時代に入って建立されたものです。

 林昌寺は元々山号は温泉山でしたが、平安時代の後期堀川天皇が行幸された時、山躑躅が見事であったので自ら山号を「躑躅」と改め寺号を「法林繁昌の勝地なり」として林昌寺と勅号されたとあります。
d0160878_10445469.jpg
d0160878_1045114.jpg
 林昌寺の裏側の愛宕山の麓に四国八十八ヶ所があります。
d0160878_10463284.jpg
d0160878_1047970.jpg 林昌寺から南へ熊野街道を歩くと波太神社遥拝鳥居が街道脇に立っています。波太神社はここから西方約2キロ先にあり、ここから神社を拝んだとされています。別名伏拝み大鳥居とも呼ばれています。 

 鳥居のすぐ先の山中橋を渡り左に行くと琵琶懸と呼ばれる谷川沿いの細い崖道になります。幅約50センチ程の細い道で、右側は断崖絶壁となっている非常に危険な道で、現在は入口に柵がしてありますが昔はここを通って地蔵堂王子へ向かいました。 

 昔、琵琶法師が池田王子で後鳥羽上皇から小袖などを賜り最高の栄に浴して有頂天になっていたのもつかの間、この崖から落ちて死亡しました。その時、琵琶が崖の途中の灌木に引掛かり、以来法師の死を弔って琵琶の音が響いたと言われています。
d0160878_10501268.jpg

d0160878_111457.jpg 馬目王子は山中渓の近くにその碑が道路脇にひっそりと立っています。「ウハメ王子」とも呼ばれ、ご神体は山中神社に祀られています。

 山中宿は紀州街道沿いにあり、紀州侯は参勤交代でこの道を通りましたので、宿場には本陣跡(写真右側)や旧庄屋屋敷(写真左側)があります。宿場の町並みには家の軒に乗り物のミニチュアが飾ってあり楽しめます。
d0160878_114687.jpg
d0160878_1142059.jpg
 地図「和泉砂川~山中渓」(地図をクリックで拡大します)
d0160878_1284261.jpg
 (吉田圭治)

[PR]
by srwpc | 2012-07-22 12:17 | 吉田 圭治 | Comments(0)
 7月21日、第10回和歌山県障害者技能競技大会(アビリンピック和歌山2012)が開催されました。この大会に「新老人の会」和歌山支部へ講師派遣の要請があり、私が依頼を受けることになりました。
d0160878_020657.jpg
 この競技会は、障害者が日ごろ職場等で培った職業技能を競うことにより、その職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々が、障害者に対する理解と認識を深めることを目的として開催されています。
d0160878_21524429.jpg
 「何事も満足を知ることができる人こそ富める人。幸せは、実は自分の心の中にあります。心が幸せならば欲望など湧いてこないはず。そして何事にもチャレンジする意欲と明るさを忘れず前向きにプラス思考で取り組めば、必ず幸せが訪れます」。このような趣旨で講演をしました。
d0160878_084527.jpg
 スピーチの後、腹話術と手品を楽しんでもらいました。
d0160878_0105693.jpg
d0160878_22262666.jpg
d0160878_2282273.jpg
 各部門の競技を見学して障害を持ちながら熱心に取り組む姿を見て、元気をもらい感動しました。
d0160878_22142356.jpg
 (鈴木 猛)

[PR]
by srwpc | 2012-07-21 21:50 | 鈴木 猛・美代子 | Comments(2)
d0160878_9224886.jpg
 家の庭に8本のブルーベリの木があり、今年は最高に多くの実をつてています。
d0160878_9234396.jpg
 お友達にブルーベリーを育てると楽しいよ と言っています。
d0160878_9243744.jpg
 皆さんも如何ですか? 育て方、伝授いたします。最近の苗(木)はすぐなります。
d0160878_1035421.jpg
 とても楽しいですよ。可愛い花を観て・美味しい実を食べ・秋には美しい紅葉を観る事ができます。目にも良いと聞いています・・・。
d0160878_11155176.jpg
 今年4月に撮影した花です。

 (松島 冨紀子)

[PR]
by srwpc | 2012-07-20 09:53 | 松島 冨紀子 | Comments(3)

風鎮大祭

 初めての投稿です。
d0160878_15595031.jpg
 毎年7月第1日曜日に風鎮大祭が開催されます。
d0160878_1555583.jpg
 奈良三郷町にある風の神様をまつる龍田大社の火の祀りです。 火筒を持って火の粉を浴びながらお祈りをします。相当熱いと聞きました。
d0160878_1612483.jpg
  最後にナイヤガラの滝のように降り注ぐ火の粉の中で宮司さんがお祈りをします。一心に祈るそのお姿にシャッターの手も止まり、私も思わず手を合わせていました。 とても感動的な夜でした。

(あらい ひろこ)

[PR]
by srwpc | 2012-07-17 16:13 | 新井 廣子 | Comments(5)