「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

<   2013年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

名草山登山

d0160878_20481639.jpg
 バスツアーの翌日に友人3人と私達夫婦の5人で名草山に登ってきました。今年は桜の開花が早いので、頂上の山桜は盛りを過ぎておりました
d0160878_21291.jpg
 頂上でお弁当を食べ、紀三井寺へと下山。紀三井寺の桜は満開で、絶好のお花見日和も手伝って大勢の人で賑わっていました。
d0160878_2123718.jpg
 帰りの道中から眺める名草山は絵画のようでした。
d0160878_21125980.jpg
 いい汗をかき清清しい山登りでした。5人全員バスツアーの参加者なのに、「結構な身分やな」「また来年」と笑いながら別れました。

(川井 明子)
[PR]
by srwpc | 2013-03-30 21:21 | 川井 明子 | Comments(6)

嬉しいお接待

d0160878_16403063.jpg
 3月28日に夫婦で「新老人の会」和歌山支部主催のバスツアーに参加。楽しい一日を過ごしました。観光地の素晴らしい景観は紙谷さん,松島さんと岩崎先生が紹介して下さっています。私は思いもよらない深野の住民の方々のお接待を報告したいと思います。

 区長さんや住民の皆さんが私達の到着を待っていて下さり、歓迎してくれました。
区長さんが深野の説明をしてくれました
d0160878_16371182.jpg
  地区の集会所で温かいコーヒーとお菓子のお接待を受けました。

お菓子とお土産のポストカード
d0160878_16475536.jpg
 
 深野の写真を撮り続けている小出圭吾さんが作品をわざわざ展示して下さって、深野の魅力を説明してくれました。
d0160878_16481151.jpg
 こんなもてなしを受け参加者一同大変激しました。

 深野の皆様本当にありがとうございました!

 (川井 明子)
[PR]
by srwpc | 2013-03-29 20:49 | 川井 明子 | Comments(3)

素敵な春雨

 皆さんと共に楽しいバスツアー、有り難うございました。いい写真何枚か撮る事が出来ました。嬉しく思います。
d0160878_1782877.jpg
d0160878_1794631.jpg
 素敵な深野
d0160878_17112764.jpg
d0160878_17121335.jpg
 室生寺と三輪神社の小さな滝
d0160878_17352013.jpg
 (松島 冨紀子)

[PR]
by srwpc | 2013-03-29 17:00 | 松島 冨紀子 | Comments(5)

日本の古里【深野】

 朝日新聞の「にほんの里100選」と日本ユネスコの「プロジェクト未来遺産」に選ばれた奈良県宇陀市の深野へ新老人の会和歌山支部のメンバーと行って来ました。地元の皆さんの温かい歓迎を受け、雨上がりで春霞の里をしばし散策しました。
d0160878_850292.jpg
d0160878_836569.jpg
d0160878_8381917.jpg
d0160878_8412569.jpg
 なお、このツワーの集合写真は「新老人の会」和歌山支部のブログに掲載しています。

(岩崎 好宏)

[PR]
by srwpc | 2013-03-29 08:45 | 岩崎 好宏 | Comments(2)

大和路めぐり

<室生寺><いやしの里 深野><三輪明神 大神神社>

 
d0160878_2252123.jpg
 「新老人の会」の楽しい大和路での一日でした。
雨の室生寺は情緒があって最高。台風で被害を受けていた五重塔は見事に蘇り春雨けぶる中に優雅に佇んでいます。
d0160878_22534229.jpg
 宇陀市室生区深野・・地区の方々が一丸となって素晴らしい自然の原風景を保存されています。ユネスコ未来遺産に登録されているということで、日々の努力が偲ばれると共にみなさんの暖かさに触れることができました。貴重な癒しのひとときを過ごさせていただきました。
d0160878_22541753.jpg
 三輪明神 大神神社・・・天皇御在位60年を記念し作られ、また震度10にも耐えられるように作られているというこの大鳥居。デン!と全てを包み込み守ってくれそうな威厳を持った姿に嬉しくなりました。
d0160878_22545896.jpg
 残りの人生、夫婦円満に過ごせますよういつもこの石を思い出すことに致しましょう。

 (紙谷 信子)

[PR]
by srwpc | 2013-03-28 23:03 | 紙谷 信子 | Comments(7)

マジック披露

d0160878_16491763.jpg
 24日の日曜日、主人が勤務していた会社の元社員さん、そして現役社員さんが主人のマジックを見に来てくれました。フェイスブックを見て子供さん達の春休み中のマジックショーとなりました。退職後も彼女達は主人を「課長さん」と呼び主人もうれしそうでした。

マジック開始を待つ子供達
d0160878_19341657.jpg
 最初は関心を示さなかった子も段々興味しんしん! 
d0160878_20175656.jpg
 一番興味を持ったのは一番年長の子。今年から一年生の女の子。種を見つけようと必死で主人にかぶりつき
d0160878_19465886.jpg
d0160878_194911100.jpg
 まだ、小さくて不思議さを理解できない二人は小道具をおもちゃ代わりによく遊び、一番小さいヨチヨチ歩きの二人もお兄ちゃんの真似。それぞれの反応を観察でき面白かったです。
d0160878_19565077.jpg
 
 久しぶりに笑いの絶えない楽しいひと時を過ごしました。もっとレパートリーを増やしての再会を楽しみにマジックサークルで精進してもらいます。

(川井 明子)
[PR]
by srwpc | 2013-03-26 17:06 | 川井 明子 | Comments(2)

サクラ

 3月24日、午後4時過ぎに和歌山城の桜を見に行きました。全体として5~6分咲きと思いますが、私は美しく咲いているサクラを撮りましたので、満開と思われるかもしれませんね。
d0160878_21125988.jpg
d0160878_2114155.jpg
d0160878_21145011.jpg
 (松島冨紀子)

[PR]
by srwpc | 2013-03-24 21:18 | 松島 冨紀子 | Comments(0)
熊野古道を歩く(第21回)

 今回は南部から田辺迄です。

 南部は三鍋です。南部湾に浮かぶ鹿島が三つの鍋を伏せたように見えるところから出来た地名と言われています。鹿島神社は元は鹿島にあり、鹿島明神社と称しましたが、古来、鹿島そのものを神として崇拝していました。

 明治42年に社殿を現在地に遷し、鹿島神社と改めました。鹿島神社には江戸時代の宝永と安政の大津波の記録が残っています。

 「鹿島神社花火祭縁起」
 約300年前の宝永大地震の時大津波が襲来しましたが、鹿島の山に怪火が現れ押し寄せる高波を二つに分けて西と東に導き、南部の浦の荒波は忽ち静まりました。

 それから140年後の嘉永大津波の時も同様に神霊の加護によって郷土は安泰だったので、人々は感謝のお祭りを行ない、花火を奉納しました。

 戦時中花火の打ち上げは出来ませんでしたが、昭和21年の南海大地震の時も被害は軽微で済んだので、人々は神恩感謝の心を新たにして花火の奉納を復活させました。毎年8月1日に花火祭が行われます。
                                                   (神社説明版より抜粋)
d0160878_845198.jpg
 「芳養王子」が鎮座する大神社は「寄り言の宮」とも呼ばれています。
 昔、氏の長者が夢の中で白装束の神を見て、そのお告げで翌朝浜に出てみると芳養川の河口に暗い波間の中に光る物が漂っているのを発見しました。それは両面の神鏡でこれを小島のうえに机を据えて安置しました。

 この島は「神机島」と呼ばれ、今も芳養川川口にあります。こうして祀ったのが今の芳養王子の始まりで、神のおつげによって得たので「寄り言の宮」とも呼ばれています。

 大神社の例祭は旧暦9月9日に行われていましたが、今は10月10日に行われています。5歳から7歳までの子供を着飾らせて、大人が肩車をしてお渡りをします。「美女(びんじょ)万歳」と言う祭りで「びんじょ」とはここでは肩車のことです。(吉田昌生著「熊野への道」ほか)
d0160878_849373.jpg

d0160878_8512966.jpg 芳養王子から国道に沿った古道を歩くと、家並みの外れ近くに枝を広げた榎と、その下に「塚の地蔵さん」と呼ばれる地蔵堂があり、熊野街道の一里塚になっています。

 又、ここから右前方にはナショナルトラスト運動で有名な天神崎(県立自然公園)が望めます。
d0160878_8534376.jpg
 更に国道沿いの古道を歩くと江川地区の児童公園に「潮垢離浜跡の碑」が建っています。かって付近一帯が出立浜と呼ばれ、ここは熊野に参詣する人々が潮垢離をとった浜として知られています。

 ここから海辺を離れて山中に入るため、ここで穢れを払う儀式をおない、「出立(でたち、いでたち)王子」に参詣して熊野の山中へと向かいました。
d0160878_857867.jpg
d0160878_8571498.jpg
 地図「南部~紀伊田辺」(地図をクリックで拡大します)
d0160878_91430.jpg
 (吉田 圭治)

[PR]
by srwpc | 2013-03-24 09:24 | 吉田 圭治 | Comments(0)

春雨に生き生きと

 春一番が通り過ぎ庭が一気に春めいてきました.
d0160878_180647.jpg
d0160878_181274.jpg
 (松島 冨紀子)

[PR]
by srwpc | 2013-03-19 18:04 | 松島 冨紀子 | Comments(2)

雪の北アルプス

 雪の北アルプスを見たくなり、松本市、大糸線に乗車してきました。
d0160878_225278.jpg
 松本城と常念岳
d0160878_22544423.jpg
d0160878_2257610.jpg
 大糸線沿線と青木湖

(田井 恭子)

[PR]
by srwpc | 2013-03-18 23:08 | 田井 恭子 | Comments(4)