「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

d0160878_20271739.jpg
 いよいよ最終目的地「佛隆寺」へ。
千年桜で有名で、桜が咲くと見物客が溢れ車も遠くへ置き長道を歩いてこなければならないそうですが、私達は寺に横付け。西光寺同様、桜はまだ蕾でしたが、満開時の情景を思い描きながら十分に楽しめました。秋には彼岸花が咲き乱れるそうです。
d0160878_20464494.jpg
d0160878_20513979.jpg
d0160878_2131622.jpg
 新谷さんご夫妻とはここでお別れしました。
d0160878_2125349.jpg
 何もかも魅力的で大満足の観光でした。鈴木さんご夫妻、こんな素敵な企画を立案、下見までして下さり有難うございました。

 新谷さんご夫妻、朝から一日中お付き合い下さり有難うございました。
  ”ただただ感謝です。”
 別れ際には奥様お手製の干し柿とお土産まで頂戴しました。至れり尽くせりのおもてなしを受け一同重ねて御礼申しあげます。本当にありがとうございました。

(川井 明子)
[PR]
by srwpc | 2015-04-06 21:29 | 川井 明子 | Comments(0)

深野に魅せられて(2)

d0160878_13355123.jpg
 「ささゆり庵」を見学後、深野に魅せられ山荘を持たれてる写真家小出圭吾さんが、住民の皆さんと手作りのピアの拠点に案内してもらいました。小出さんがFBで紹介されていましたが、一から手作りの現場を拝見して、皆さんの熱意に頭が下がりました。
d0160878_15111583.jpg
携帯電話の中継塔がそばに立っていました
 
 次に鈴木さんお勧めの「西光寺」へ。樹齢三百年の見事な枝垂桜はまだ蕾でしたが、満開の時期は大勢の見物客で賑わうとのこと。納得の桜でした。私達はゆっくりと思う存分撮影できました。
d0160878_1450256.jpg
 朝8時に海南を出て既に4時間以上が経っており、昼食を頂くことに。手打ち蕎麦うどん「かみ六」へ。新谷さんご夫妻が私達の為に数か所試食して下さり、一押しのお店へ案内してくれました。注文を受けてから店主が手打ちしてくれます。それはそれは美味しいお蕎麦でした!!

 食事を済ませ、次の目的地「室生山上公園 芸術の森」へ。
室生区出身の彫刻家 井上武吉氏が構想した「森の回廊計画」を核に村全体を人間と自然が共存する美術館として構成されたものだそうです。井上氏の構想をイスラエル出身の彫刻家 ダニ・カラヴァン氏が設計。
意表を突くモニュメントに心を奪われました.

ビジターセンターです。
d0160878_15525695.jpg
公園入口
太陽の塔・ゲートです。
塔は高さ8m.直径9m ゲートは高さ6mあります。  
d0160878_15552732.jpg
ピラミッドの島と野外ステージの島です。
d0160878_1604457.jpg
らせんの水路と竹林です。
d0160878_1662215.jpg
d0160878_19523895.jpg
再現された棚田です。
d0160878_1655587.jpg
施設棟です。
来訪者の休憩所としての施設。三角形の入口で屋根が地面と一体となり、屋根の途中へ地面がせり上がり木が植えられています。とてもお洒落でした。
d0160878_1616381.jpg
d0160878_16111078.jpg
ひと休みするメンバー
 敷地面積が広く私達は周り切れておりません。新谷さんのお陰でこんな素晴らしい公園を知ることができました。又、ゆっくりと訪れたいと思います。
今回はここまでとします。次回は最終編となります。

(川井 明子)
[PR]
by srwpc | 2015-04-06 16:02 | 川井 明子 | Comments(0)