「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

抹茶で茶話会

d0160878_936247.jpg
 27日の月曜日に友人のお家へ抹茶をいただきに行ってきました。
実は、友人のお家は、夏場には座敷の襖が簀戸に入れ替わり、何とも趣のある風情になります。それで、私がその座敷でお茶を頂きたいとおねだりをしていました。
「夏場なので気軽にお洋服での茶話会にしましょう」とのお招きを頂き、友人と2人でお邪魔させて頂きました。冷房をしてくれたお座敷で、ご亭主がお濃茶を点ててくれました。その後、私達も交代でお薄を点てさせてもらいました。
d0160878_9553772.jpg
d0160878_1427669.jpg
ご亭主のお点前
d0160878_14272896.jpg
 ご亭主は、少しでも涼しさを感じてもらおうと、お席のしつらいには工夫を凝らしてくれていました。
d0160878_14343227.jpg
 又、ご亭主は趣味でステンドグラスを習われており、たくさんの作品を見せて頂きました。どの作品も素晴らしく綺麗でした。
d0160878_14383914.jpg
 美味しいお茶とお菓子を頂きながらお喋りの、楽しい午後のひと時を過ごさせてもらいました。
(川井 明子)
[PR]
by srwpc | 2015-07-31 09:36 | 川井 明子 | Comments(0)

信州の旅

 7月16日から3泊の楽しい旅は今日が最終。午前中の観光後、私達夫婦は鈴木さんご夫妻と別れ東京へ行く予定を組んでおりましたので松本駅の近くでの観光を計画してくれました。
 松本市立博物館分館重要文化財旧開智学校校舎見学です。国内で最も古い小学校校舎のひとつで、近代の学校建築としては初めて重要文化財に指定されたそうです。和風と洋風が混ざりあった擬洋風建築だそうです。明治9年に完成した校舎なのに、綺麗に保存されているのに感心させられました。
d0160878_2149361.jpg
モダンな外観の校舎
d0160878_21504950.jpg


d0160878_20245423.jpg
内装の技法が紹介されています

 当時の貴重な教育資料や教室が再現されており、私達も見覚えのある机や椅子に出会いました。
d0160878_21523541.jpg
d0160878_20322820.jpg
d0160878_20324620.jpg
明治・大正・昭和の時代の児童の絵画

 浅間温泉の「みやま荘」に3連泊し荷造り不要で、ツアー観光とは比べ物にならないゆったり感に加え、信州の魅力に取りつかれた旅となりました。信州を知り尽くした鈴木さんのお陰で満足度200%の旅でした。
 鈴木さんご夫妻本当にありがとうございました。
(川井 明子)
[PR]
by srwpc | 2015-07-27 20:11 | 川井 明子 | Comments(0)

信州の旅

 ゆっくりと安曇野平野を眺めた後お蕎麦屋さんへ。信州と言えば一度はお蕎麦を食べなければと言うことで自家製粉、手打ち蕎麦の店「安曇野 翁」へ案内してくれました。有名なお店とのことで、駐車場は他府県ナンバーの車で満車。客足が途絶えることがありませんでした。
でも、メニューはお蕎麦だけなので回転が早く、周囲 の景色を楽しんでいる間に順番が回ってきました。流石にこしのあるお蕎麦でとても美味しかったです。
d0160878_11164515.jpg
 お蕎麦をいただき「安曇野ちひろ美術館」へ。ちひろの世界が余すことなく展示されております。広々とした敷地内には水路や池が配置されラベンダー畑は見頃でした。
d0160878_9252735.jpg
d0160878_926078.jpg
d0160878_9261447.jpg
d0160878_9262962.jpg
d0160878_9264054.jpg
d0160878_9302345.jpg
高校生達が並んで美術館へ

 昨日からの美術館巡りはここが最後。次は 大王わさび農場 へ。
名水百選・安曇野わさび田湧水群内を流れる蓼川の透き通った水にバイカモが漂い水車が回る素晴らしい絵画を想わせる景色でした。大勢の観光客がボートで水上散歩を楽しんでいました。足元に窓があり川の中を覗けるクリアボートとのことです。
d0160878_9315028.jpg
d0160878_9354384.jpg
 鈴木さんは以前ここへ子供連れで来られたそうで、その頃はまだ観光地化されておらず本当にのどかだったそうで,様変わりに驚ろかれていました。その時と同じように四人でワサビアイスを頂きました。
今日も楽しい一日を過ごさせてもらいました。
(川井 明子)
[PR]
by srwpc | 2015-07-25 11:16 | 川井 明子 | Comments(0)

信州の旅

 信州の旅3日目は安曇野市穂高の碌山美術館からです。地元出身の彫刻家、荻原守衛をメインに日本近代彫刻の優れた芸術家たちの作品が収集保存されております。美術の本などで目にしたことのある重要文化財作品が展示されており見応えがありました。
d0160878_018504.jpg
d0160878_0221723.jpg
 美術館を後にワイン用の葡萄畑を抜け池田町立美術館「北アルプス展望美術館」
d0160878_0361153.jpg
 この美術館は北アルプス連峰と安曇野の広大なパノラマを一望できる高台にあります。展示作品鑑賞後、館内の喫茶ラウンジで休憩。お茶を頂きながら眼の前に広がる絶景に見飽きることがありませんでした。鈴木さんが「この景色を見せたかった」と何度も繰り返され、ひとえに感謝でした。
d0160878_057564.jpg
d0160878_0571997.jpg
 まだまだ旅は続きますが、ひとまず午前中の行程の報告とさせていただきます。
(川井 明子)
[PR]
by srwpc | 2015-07-25 00:19 | 川井 明子 | Comments(1)