「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

トマトの蜜煮

d0160878_2003378.jpg
 ☆短時間で出来るし、食事と一緒にいただけます。よく冷やして、
  献立に加えると、爽やかな一品になります。


<材料>  (4人分)
 トマト   中の大きさ、4個
 水     400cc~450cc
 上白糖   60g~70g(お好みで加減してください。)
        砂糖とはちみつを合わせても美味しくできます。
        (はちみつを使うときは、砂糖の分量を減らしてください。)
 レモン汁  大さじ2~3
 チャービル トマトの上に飾る。

<作り方>
 トマトのへたの部分は、包丁で切り取ります。
 トマトの皮を湯むきにして(トマトを熱湯の中に少しの間入れると皮が裂けて、
 むきやすくなります。冷水の中で、手早く、皮をむきます。)
 水の中へお砂糖(はちみつ)を入れ、湯むきしたトマトを重ならないように
 並べます。中火で火にかけ、クッキングシートに 上の部分に少し十字の切れ
 込みを入れ、上からかぶせ、(落としぶたの代用)煮立ってから5~6分煮る。
 そのあと、鍋ごと冷水で冷やす。
 器にトマトを盛り、汁をたっぷり、注ぎ入れ、トマトの上にチャービル(ハーブ)
 を飾る。

(宮本 雅子)

[PR]
by srwpc | 2011-04-25 20:11 | 宮本 雅子