「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

切り干し大根と厚あげの煮もの

 切り干し大根は切った大根を天日乾燥した、乾燥野菜の代表的なものの一つ。もどすと容量で約2倍に増えます。宮崎産の新物で作ってみました。素朴で温かみのある煮物です。
d0160878_10523632.jpg
<材料>
 切り干し大根(乾)           40g
 厚あげ                  2枚
 人参                   適量
 きぬさや                 適量
 いりごま                 少量
 ごま油                  大さじ2~大さじ3
 煮だし汁                 カップ3~4
 酒                     40cc~50cc
 みりん                  40cc~50cc
 砂糖                   大さじ2(お好みで加減して下さい)
 淡口しょうゆ              40cc~50cc
 濃口しょうゆ              40cc~50cc
 塩                    少々

<作り方>
 1.切り干し大根は、かぶるぐらいの水に20~30分漬けもどした後、
   水気をきっておく。(ふっくらとやわらかく戻ります)
 2.よく水気を絞ってから調理をします。うまみが出ている戻し汁は
   煮汁に使います
 3.厚あげは、湯通しして短冊切りにする。
 4.鍋にごま油を熱し、切り干し大根、厚あげを炒め、だし汁、調味料を加え、
   落としぶた、上ぶたをして、ゆっくり味の含むまで煮る。
   (時間をかけてゆっくり煮含めることが大事です。新物なので大根は軟ら
   かくなるのが早いので、火力に気をつけてください)
 ※煮物の他に漬けもの、和えものなどにも使用されます。

(宮本雅子)

[PR]
by srwpc | 2012-03-01 10:30 | 宮本 雅子 | Comments(0)