「新老人の会」和歌山支部パソコンサークルのブログです 「つれもていこら」とはみんな一緒に行こうの紀州弁です


by srwpc

まるごといちごのジャム

 いちごの季節ですね。「和歌山のさちのかいちご」で作りました。粒を残して仕上げる、目にも舌にも美味しいジャムです。仕上げの段階で短時間強火にかける、これが一番のポイントです。
d0160878_9445198.jpg
<材料>   (つくりやすい分量)
 いちご     2パック(正味600gぐらい)
 砂糖      200g(お好みで加減してください)
 水あめ    少量
 (クエン酸  少々)

<作り方>
 1.いちごは手早く洗い、水気をふく。へたを取り、ボウルに入れる。
 2.砂糖の半量を①のボウルに入れ、揺すってまぶしつける。10分程
   おいて残りの砂糖を全部まぶす。
 3.ラップをかけ、半日程おく。
 4.全体を混ぜて砂糖を溶かしきり、シロップといちごに分ける。
   シロップを大き目の鍋に移し、中火~強火にかける。湧いてきたら、
   アクを取って煮詰める。泡が大きくなり、煮詰まってきたら
   ゆっくりかき混ぜながらさらに煮詰める。
  (鍋は酸に強い、厚手のステンレス製かホウロウで)
 5.いちごを加える。煮立つまでそのまま混ぜずにおき、吹き上がって
   きたらゆっくりと混ぜ、強火のまま、さらに煮詰める。
   全体が泡立ち、いちごがシロップを含んでふくらみ、全体が粘って
   きたら火を止める。クエン酸があれば少々(小さじ1/2)加える。
   熱いうちに消毒済み(煮沸)の保存瓶に入れる。
 ※いちごを買い求める時、なるべく小粒で新鮮な完熟のものがよいと思い
  ます。熟しすぎたものはペクチンの含有量が減っているので避ける。
 ※いちごは水分が多く、そのまま煮ると煮くずれてしまうので、砂糖をまぶして
  脱水させる。砂糖を2回に分けて加え、ボウルごと揺する。そのままの状態
  で半日ほどおきます。(いちごに砂糖をまぶした写真、撮りました)
d0160878_945956.jpg
(宮本雅子)

[PR]
by srwpc | 2012-03-12 09:51 | 宮本 雅子